全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

りくべつ鉄道 今季27日に出発進行 国内最長の運転体験も

 陸別町内で列車の運転や乗車などが体験できる「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の今季の営業が27日に始まる。気動車の運転体験としては国内最長となる分線コース(片道5.7キロ)や、駅構内外の運転コースなどを今年も提供。昨年整備した鉄道資料館も、今季は年に5度ある特別運行日に無料で開館する。運営する陸別町商工会(石橋強会長)の杉本武勝事務局長は「運転だけでなく、のんびり乗車したりトロッコを体験したりといろいろな楽しみ方がある」と家族連れの来町にも期待している。

27日に今季の営業を開始するりくべつ鉄道(写真は昨年4月22日)

 同鉄道は2008年、廃線となった旧ふるさと銀河線の気動車両を活用して開業。運転体験は駅構内を約15分往復運転するSコース(2000円)や、構外1.6キロを往復する銀河コース(3万円)、同2.8キロ往復の新銀河コース(3万5000円)、根強い人気を誇る分線コース(6万円)などを用意。町内の無料宿泊券付き(食事2食あり)の銀河コースパックセットも引き続き実施する。排雪モーターカー(ハイモ)のポイント切り替え付きの構内での運転は今年度は行わない。

 駅構内の10分程度の乗車体験(小学生200円、中学生以上300円)、1周400メートルの足こぎトロッコ体験(同)もある。開業日午前9時20分からの今季1回目となる駅構内の乗車体験は特別に無料とする。

 また、ゴールデンウイーク中の5月4日、りくべつ鉄道まつりの7月28日、夏休み中の8月11日など計5日は、分線駅まで特別乗車体験列車「銀河号」(小学生300円、中学生以上500円)を走らせる。乗車時間は約50分で、車窓からは現役時代と変わらない豊かな自然が広がり、川のせせらぎも聞こえる。

 銀河号運行日は陸別駅から北へ約100メートルの町商工会館隣の鉄道資料館を開館。午前10時から午後3時までで、1階に車両や保線の整備用具など、2階には過去の写真や資料などを展示する。

 各コースの営業日や運転資格などは、同鉄道のホームページに掲載している。運転体験はSコース以外は完全予約制。同鉄道事務所へ電話(0156・27・2244)か町商工会ホームページ内りくべつ鉄道予約画面から。

 今季の営業は10月31日までの予定。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク