全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主催者発表)がイベントを楽しんだ。

無料で「とまチョッピーノ鍋」を振る舞った

 セレモニーでは、若者を中心に人気のアイドルグループ「FRUITS ZIPPER(フルーツジッパー)」のメンバー7人も駆け付け、会場を盛り上げた。トマトベースのスープに苫小牧産ホッキ貝やえりも産ズワイガニなどを入れた千人鍋「とまチョッピーノ鍋」を無料で配り、訪れた市民らがおいしそうに味わった。音楽ライブや大抽選会もにぎやかに繰り広げ、最後はスカイランタン約200基を夜空に掲げた。

 市はシンボルストリートにぎわい創出事業として、1月27日からLED(発光ダイオード)電球約25万3000個を同通りで点灯し、中心市街地を華やかに彩った。同通り沿いで靴店「夢の靴」(表町)を営む三輪猛彦さん(54)は「通りが明るくなって良かった。一年中イルミネーションを点灯してもいいのでは」と話していた。

 今後は事業の経済効果などを分析し、中心市街地活性化に生かす方針で、市未来創造戦略室は「事業には多くの方が関わった。イルミネーションをきっかけに、多くの人がまちづくりについて考えてもらい、意見を集めながら駅前再整備を進めたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク