全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

富士見町の井戸尻考古館 現在地の南西側に移転建設へ 長野県

現在の井戸尻考古館(左)の南西側に広がる新考古館の建設予定地

長野県富士見町は19日の町議会全員協議会で、移転建設計画が進む新井戸尻考古館の建設予定地を、現在の考古館(同町池袋)の道路を挟んだ南西側に決めたと明らかにした。広さ約6300平方メートルの農地で、6人の地権者から既に土地売買に関する合意を得た。一部に農作業小屋とパイプハウスがあり補償調査が必要で、今年度計上した事業費1711万円を超える見込みのため、追加の補正予算案を町議会3月定例会に提出し、来年度の契約を予定する。

現在の考古館は、地元有志の井戸尻遺跡保存会を母体に発足し、1974年に建設された。国の重要文化財や県宝を研究、公開する施設として重要な役割を担うが、老朽化が進み収蔵庫の耐震化が必要な上、曽利遺跡上にあるため町が移転新築の検討を進めている。

町は有識者や地元区長らで組織する建設専門委員会を2021年7月に設置し、池袋区内をはじめ複数の候補地を検討。▽遺跡の外▽地元住民の発掘により発展してきた歴史性を引き継げる▽近接する歴史民俗資料館と共同で管理しやすい―といった条件を満たしたため、今回の予定地に決定した。

現在の考古館の敷地面積は約5000平方メートル、収蔵庫と館の床面積は計約990平方メートル。町生涯学習課は「予定地は十分な広さがあり、同規模の建物を建設するには余裕がある」と説明し、「最適な用地」とした。

現在の建物は取り壊し、駐車場も廃止する方針。遺跡の保存に力を入れ、曽利遺跡の国史跡登録も目指したい考え。22年度中に用地の購入や造成工事、設計を実施する予定だったが、用地の決定に難航したため、当初より4年遅い29年度の開館予定となった。

関連記事

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

釧路新聞社

大和証券G子会社 釧路のパプリカ会社に出資【釧路市】

  大和証券グループ(本社・東京)の100%子会社、大和フード&アグリ(DFA、本社・同)は、北海道サラダパプリカ(HSP、釧路市大楽毛北2)へ資本参加し、経営に参画した。DFAが運営し生産するパプ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク