全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

旧「宮田宿」の建物 保存と活用考えるシンポ  長野県宮田村

シンポジウムで旧宮田宿の建物について話す横手義洋教授

長野県宮田村と村教育委員会、宮田村の景観を考える会は18日、江戸時代の宿場町、旧「宮田宿」のエリアに現存する建物や街並みの保存と活用を考えるシンポジウムを村民会館で開いた。参加した住民ら約110人が、基調講演や事例発表を通じ、地元に残る歴史的建造物の地域づくりへの生かし方を模索した。

村内では2017年度から5年間、東京電機大学建築学科の横手義洋教授(建築史)と学生が、旧宿場エリアを対象に建物の建築年代、構造、種類などを調査。これらを基に、地元の協議会が22年7月から24年度末の期間で「村文化財保存活用地域計画」を作成している。今回のシンポジウムは地域計画の周知や、大学による学術調査の成果発表などを目的に開催した。

講演で横手教授は、江戸時代に今の長野県と愛知県を結んだ伊那街道(三州街道)の宿場「宮田宿」について「建物群はバラエティーに富んだ町屋(町家)が多い」と説明。宿場全体の特徴としては「北側は1890(明治23)年の大火を免れたエリア、南側は大火で焼け、その後、土蔵造りの耐火性能を持った仕様にした建物が多くなっている」と報告した。

その上で、「街道に面した表側は商店などの公共性の高い建物、土間を通って奥へ行くとプライバシー性の高い空間が広がる」と紹介し、古い建物を活用する際は「表通りからプライバシー性の高い奥へ人を引き込むことで、表の要素を交える活用の仕方が出てくる」と指摘。街道の奥側も交流拠点や商業的要素を持った利用に適していることを示唆した。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク