全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ザザムシの未来語る 長野県伊那市で昆虫食シンポ

ザザムシをテーマにした活動や研究の報告があったシンポジウム

 長野県上伊那地域の伝統食として知られるザザムシをテーマにした昆虫食シンポジウム「ざざ虫の未来を語ろう」が17日、伊那市創造館であった。ザザムシの商品化や養殖に取り組む上伊那農業高校(南箕輪村)の生徒や研究者の牧田豊さんが発表。約40人が参加し、地域の食文化を守り、伝統を継承していくための活動に理解を深めた。

 ザザムシはカワゲラやトビゲラ、ヘビトンボの幼虫を指す。上伊那地域では古くからつくだ煮にするなどして食されてきた。シンポジウムは昆虫食の発信に取り組んできた同館が主催した。

 上伊那農業高コミュニティデザイン科グローカルコース3年の生徒2人は「伊那谷の昆虫食文化を未来へ~ざざ虫が教えてくれたこと~」と題して報告。生徒たちはザザムシ漁存続の課題に触れ、ザザムシ文化の伝承活動を展開している。

 商品化にあたっては、消費者に抵抗感が少なく、若者が気軽に手に取れる商材としてふりかけを提案。企業の協力も得て開発し、昆虫食に関するイベントなどで販売したところ、好評だったと手応えを示した。ザザムシの養殖にも挑戦。生育に適した水温や巣作りの場所となる礫や砂の配置を調査し、成果を上げていると伝えた。

 地域全体でザザムシを守り育てる仕組みの構築や地産地消の促進などを取り組みの成果に挙げ、「産学官連携の活動となり、昆虫食を通じて持続的なまちづくりに発展している」とした。

 ザザムシのつくだ煮や、同校が手掛けたザザムシふりかけのおにぎりなどの試食も用意。子どもたちから「おいしい」と好評だった。

 家族4人で参加した箕輪町の30代男性は「安定供給のため養殖まで進んでいることは驚きだった。ザザムシに触れるきっかけとしてシンポジウムは良い。背景事情を知ってから食べるとまた発見がある」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク