全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御神渡り観察「明けの海」 八剱神社で注進奉告祭 長野県諏訪市

しめ縄のたき上げを見守る今季の御神渡り観察の参加者

 御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社は17日、今季の諏訪湖観察の結果を奉告する神事「注進奉告祭」を長野県諏訪市小和田の同神社境内で執り行った。宮坂清宮司が今季は御神渡りができない「明けの海」となったことを神前に伝えた後、拝観式で使う予定だったしめ縄をたき上げた。氏子総代ら約40人が参列。3年間の任期で最後となる務めを果たし、どこか晴れやかな表情でたなびく煙を見つめていた。

 宮坂宮司は神前で、1945年の観測開始以降、5番目の暖かさとなった今季の観察を振り返ってから、「明けの海にして御渡無御座候(みわたりござなくそうろう)なり」などと奉告。神事後のあいさつでは、「今年は寒くない冬だったの一言に尽きる」とまとめ、「気候変動や温暖化の影響を感じざるを得ない」と述べた。

 その上で国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都港区)が昨年7月に諏訪市内で撮影した映像作品「御渡り」が、タイ・バンコクで現在実施している、気候変動の認知を広げることを目的とした映画祭のコンペティション部門に選ばれたことにも触れ、「御神渡りの可否が世界的にも注目され始めているのでは」などと結んだ。

 大久保一大総代(73)は「任期中一度も御神渡りができなかったのは残念だ。この思いは次の総代たちに託し、拝観式ができればぜひ参加したい」などと述べた。今月から大総代を担当する岡崎広幸さん(62)は「先人の伝統を受け継ぎ、自然に身を任せながら湖の様子を見守っていきたい」と意気込んでいた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク