全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荒ぶる赤鬼と武神・天狗の攻防 豊橋鬼祭がクライマックス迎える

独特のステップで挑発する赤鬼=安久美神戸神明社で

 東三河に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」の本祭が11日、豊橋市八町通3の「安久美神戸神明社」であった。ハイライトとなる「赤鬼と天狗のからかい神事」などを大勢の見物客らが見守った。今年は4年ぶりの通常開催だった。

 荒ぶる神を示す赤鬼と、それを成敗する武神の天狗との戦いを表現している。たくましい赤鬼の滑稽なしぐさから「からかい」と呼ばれている。

 午後2時半頃、「からかい神事」が始まった。赤鬼は撞木(しゅもく)をかざし、足を後ろに振り上げる独特の足さばきで挑発。天狗も薙刀(なぎなた)を構え、大地を踏みしめながら応戦し、そのユーモアあふれる掛け合いを見物客が興味深そうに見守った。

赤鬼と天狗のからかい神事

タンキリ飴を求めて粉まみれ

 そして、追い詰められた赤鬼は、「あーかいっ!」と口々に叫ぶ従者に囲まれながら参道を疾走、厄よけの「タンキリ飴」と、浴びると夏病みしないとされる白い粉をまき散らしながら退散した。見物客は粉まみれになりながら、飴を手に入れようと手を伸ばしていた。この後、赤鬼は境内から出て、氏子の町々を練り歩いた。

頭をなでる黒鬼

 鬼祭に合わせ、豊橋技術科学大学の大村廉准教授、水谷晃啓准教授、東京都のソフトウェア開発「ウェブインパクト」取締役の木村博司さんが開発した、赤鬼の現在位置を表示するスマートフォン用無料アプリ「おにどこ」が配信された。

 アプリでは進行方向やコースなどが表示されるため、1度はぐれた場合でも再び赤鬼に遭遇しやすくなったり、各所での準備作業が円滑に進むようになったりしたという。

 神社近くに住む県立豊橋東高校2年の鈴木七奈さん(16)は「新型コロナウイルスが明けて、人出が戻ってきたような気がする。祭りが盛り上がってうれしい」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク