全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美の海でワイン熟成 大島海峡に500本 東京のPR会社が着手・瀬戸内町

ワインボトルを海に沈める作業を行う瀬戸内町漁協組合員ら=30日、鹿児島県瀬戸内町清水

 ワインボトルを海に沈めて保存する海底熟成ワインセラー事業が鹿児島県瀬戸内町で始まり、30日に同町清水沖で海底設置作業が行われた。事業は東京都のPR会社「ⅢThree(アイスリー)」(森谷悠以代表取締役)が運営し、昨年の実証実験を経て今年から生産を開始。奄美の豊かな海を生かして新たな価値を創出するとともに、地域の観光活性化や海洋環境の保全などにもつなげたい考えだ。

 海底熟成は、近年欧米を中心に人気が高まっている手法。科学的に解明されていないものの、水圧や潮流などの影響で通常より熟成が進み、まろやかな味わいになるとされている。

 加計呂麻島と奄美大島に挟まれた大島海峡は海流が比較的穏やかで海底熟成に適した環境。実証実験の結果を踏まえ、専門家と温暖な奄美の水温に合うワインの選定を進めた。

 海洋資源を守るため、ワインセラーを藻場としても活用できるよう独自設計。ボトルを収納する外枠の蓋部分に海藻が着生しやすいデザインを施した。

海底に設置されたワインセラー=30日、瀬戸内町清水(アイスリー提供)

 この日の作業には、瀬戸内町漁協の組合員など6人が協力。水深約20メートル地点の砂地に、専用のロウで密閉した3種類のワイン約500本を設置した。

 今回沈めたワインは海底で約半年間保存。4~5月ごろに予約販売を開始し、7月からは同社が同町清水で運営する飲食店「tlass SEA CELLAR BAR Beach Club(トラス・シーセラーバー・ビーチクラブ)」でも提供する。将来的には、客から預かったボトルを海底で貯蔵するワインセラーサービスを中心に展開する計画。

 森谷代表は「(海底熟成による)変化を楽しんでもらいたい。瀬戸内町の海洋資源を生かし、地元の人たちと観光客が共存する事業にしていけたら」と意気込んだ。

関連記事

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

釧路新聞社

大和証券G子会社 釧路のパプリカ会社に出資【釧路市】

  大和証券グループ(本社・東京)の100%子会社、大和フード&アグリ(DFA、本社・同)は、北海道サラダパプリカ(HSP、釧路市大楽毛北2)へ資本参加し、経営に参画した。DFAが運営し生産するパプ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク