全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

埴生で潮干狩り大会1300人歓声

潮干狩りに夢中になる参加者(埴生漁港沖で)

 第7回埴生潮干狩り大会は11日、山陽小野田市の埴生漁港沖で開かれ、市内外から訪れた1300人が初夏の浜辺でアサリを探した。親子連れが多く、貝が見つかるたびに子どもたちの歓声が響いていた。同実行委員会(委員長・田中剛男山陽商工会会頭)主催。

 参加者は長靴やサンダル、帽子で準備を整え、アサリが採れそうな場所を選んでスコップで掘り進めた。協力して大漁を目指す親子や友人グループ、カニや小魚を見つけて喜ぶ子どもたちなど、思い思いに埴生の自然を満喫していた。

 海岸にはあらかじめ、マグネットで作られた「幸せの黄色いアサリ」が10個まかれており、見つけた人には地元の協賛品がプレゼントされた。大会開始前には、山口カブトガニ研究懇話会の原田直弘代表による「カブトガニ教室」、地元野菜を並べたフリーマーケットも開かれた。大会は3世代交流の促進と地域活性、体験型観光の推進を目的に実施している。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク