全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

240人の「第九」帯広に響く 合唱連盟60周年で披露

 帯広合唱連盟(江本欣秀理事長)の創立60周年を記念した演奏会「帯広交響楽団第九特別演奏会」(実行委員会主催)が17日、帯広市民文化ホールで開かれた。声楽のソリスト4人と第九合唱団、帯広交響楽団の総勢約240人の出演者が、満員の大ホールに迫力ある演奏を響かせた。

出演者約240人が迫力ある演奏を響かせた

 1960年発足の合唱連盟の60周年記念演奏会は、当初は2020年に開催予定だったものが新型コロナウイルスの影響で延期されていた。今年6月に第九合唱団が結成され、3年遅れの記念演奏会に向けて20回以上の練習を重ねてきた。

 帯広で16年ぶりの第九演奏会となったこの日は、1300人以上を収容する大ホールがほぼ満員になった。第九の4楽章が通しで演奏され、合唱が加わった第4楽章の「喜びの歌」で壮大な演奏が締めくくられた。演奏終了後は、約10分間にわたって称賛の拍手が鳴りやまず、会場は熱気に包まれた。

 帯広市の会社役員平山智彰さんは「初めてオーケストラを見に来たが、荘厳でよかった」と満足そう。合唱部に入っているという帯広豊成小5年の女子児童は、「一人一人の声が響いていてすごいと思った」と話した。

 演奏後、江本理事長は「感激で胸がいっぱい」とした上で、「ベートーベンの素晴らしさを体現したいと真面目に取り組んできた。何とか人に聴いてもらえる演奏になったと思う」とほっとした様子だった。

 帯広交響楽団の井村悦夫理事長も「合唱もオーケストラも大人数で心配したが、指揮者の力量でうまくまとめてもらってよかった」と振り返った。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク