全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「能代の花火」来年は7月20日 20回記念特別プログラムも

20回目を迎える来年の「能代の花火」を7月20日に開催すると決定した花火企画委員会

 能代商工会議所の「港まつり能代の花火企画委員会」(委員長・佐藤肇治会頭)は7日、能代市元町の能代商工会館で開かれ、来年の「能代の花火」開催日を7月20日と決定した。企画運営を担う花火製造会社「花火創造企業」(大仙市)は、能代の花火が売りにしている音楽と連動したスターマイン(連射連発)、東北の花火イベントでは唯一の3尺玉の打ち上げに加え、20回目の節目を記念し、全国花火競技大会「大曲の花火」で内閣総理大臣賞を受賞した歴代10業者の尺玉(10号玉)を打ち上げる特別プログラムも予定していると報告した。

 花火企画委には、正副会頭のほか各部会などから15人が出席し、次回開催日やテーマ、内容などを協議した。開催日は例年「7月第3土曜日」を基本としており、来年もその例を踏襲して「7月20日」の案を満場一致で承認した。
 花火のテーマは、「威風堂々」をもじった「威風笑笑(しょうしょう)」とした。昭和54年まで開かれていた全国花火競技会が前身である能代の花火が持つ威厳、沖合で洋上風力発電事業の計画が進むなど能代が「風」のまちであること、「まちを、来場者を笑顔にする」などの思いを表現し、二つの「笑」は20回目にもかけたという。
 花火の企画や運営全般は、今年の第19回に続いて「大曲の花火」をコーディネートしている花火創造企業が担う。この日は、同社の小松忠信代表取締役社長(小松煙火工業代表取締役)も出席し、現在構想中の内容を報告した。
 小松社長は、能代の花火の特徴である音楽とスターマインを組み合わせたエンターテインメント性あふれる花火や、直径約600㍍の大輪を咲かせる能代の花火名物の3尺玉打ち上げといった従来の演目に加え、大曲の花火に平成12年から設けられている最高賞「内閣総理大臣賞」を受賞した全花火業者(県内外10社)の「尺玉の競演」を提案。真ん丸に開く菊型の伝統花火の「割物」と、丸にこだわらない最新の創造的花火「自由玉」の2種類を各社から出展してもらい、プログラムの前半と後半に5社ずつ、披露する時間をつくりたいとした。
 また、港という大きなロケーションを生かしたフィナーレや、打ち止め花火として20回目にちなんだ20号玉の打ち上げも予定。「能代の花火に欠かせない音楽と花火の競演と、じっくりと見せる花火で、20回目にふさわしいものになるよう演出していきたい」(小松社長)とした。
 委員からは「聞いているだけで楽しみになる内容」、「せっかくなら打ち上げ前のアナウンスも、独特の言い回しがある大曲の花火風にしてほしい」、「たくさん集客できるように宣伝、周知に力を入れて」といった声が上がった。
 事務局はこのほか、能代港下浜ふ頭に設ける客席のレイアウトを一部見直し、有料観覧席を今年より100席程度増やすことを検討していることも報告した。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク