全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

三種町森岳温泉街に華やかイルミ 入浴客らに癒やし

アーチ型電飾の近くには“桜色の扉”も置かれている

 三種町の森岳温泉街でイルミネーションが点灯し、多彩な電飾が入湯客や来訪者を楽しませている。森岳温泉街で営業する飲食店や宿泊施設などの関係者でつくる「森岳温泉活性化協力会」(石井雄大会長)が初めて企画。「森岳温泉街に足を運んで」と呼び掛けている。点灯は27日まで。

 イルミネーションが施されているのは「カッパの足湯」近くの私有地で、所有者の協力を得て設置し、1日に点灯を開始した。
 アーチ型電飾(長さ約10・8㍍、高さ約2・7㍍、幅約2・4㍍)やツリー型電飾(高さ約4㍍)、ボール型電飾も置かれ、華やかに光っている。
 今年の春以降、町内の観光名所などにお目見えしてきた国民的人気アニメの「ひみつ道具」である“桜色の扉”も登場し、記念撮影の機会を提供している。
 また、近くの分湯場では「竹あかり」がともる。竹あかりは、竹の表面に穴を開けてデザインを施し内部に発光ダイオードを入れたもので、分湯場に描かれるジュンサイ摘みの画が浮かび上がる。竹あかりは、近年の砂の祭典「サンドクラフトinみたね」で釜谷浜海水浴場を演出しており、冬の森岳温泉街でまた違った雰囲気を見せている。
 イルミネーションの点灯に合わせて町観光協会は、23日午前10時から午後3時まで「足湯カフェ」を開催する計画を立てている。おはぎと甘酒を約100セット限定で無料で振る舞うほか、コーヒーや紅茶、ココアなどあたたかい飲み物も販売する予定。
 石井会長は「森岳温泉街を訪れ、イルミネーションを見て、SNS(インターネット交流サイト)などで発信してほしい。ぜひ、温泉や飲食店にも立ち寄ってもらいたい」と誘客を図っている。
 イルミネーションの点灯時間は午後5時~9時。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク