全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

厄から逃げろ 伊那市山寺で「やきもち踊り」

踊りを終え、一目散に境内の外へ逃げ出す保存会員たち

 伊那市山寺に伝わる民俗芸能「やきもち踊り」(県無形文化財)が15日、白山社・八幡社合殿境内で行われた。羽織はかま姿の男性たちが、酒宴と踊りを3回繰り返した後、厄を背負わないよう一斉に境内から逃げ出すユーモラスな祭り。無病息災や五穀豊穣などを願って、にぎやかに繰り広げた。

 起源は定かではないが、江戸中期には行われていたとの記録が残る。伊勢参りをした人たちが踊りを習って帰り、神社の例祭で奉納するようになったと伝わる。手や足を大きく振り上げ、跳ねるように踊るのが特徴で、現在は山寺区民が加入する保存会が継承している。

 赤い毛せんを敷いた境内で、30~70歳代の保存会員約30人が酒盛りを開始。キセルに刻みたばこをくゆらせ、アユの塩焼きをさかなに、濁り酒を酌み交わした。ほろ酔い状態で踊り回った会員たち。最後の踊りが終わるや否や、白足袋のまま一斉に駆け出した。逃げ遅れると厄病にかかるとの言い伝えがあり、先を争うように鳥居をくぐった。

 最後に通過したのは、保存会長の柴満喜夫さん(73)。「厄は、この後の直会で落としたい」と苦笑いしつつ、「伝統行事を後世に引き継いでいきたい」と誓っていた。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク