全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

クロダイ古座川をさかのぼる 中流域で捕獲相次ぐ

火振り漁の網に掛かったクロダイ(和歌山県古座川町川口で)

 和歌山県古座川町を流れる古座川で、海水魚のクロダイ(チヌ)が河口をさかのぼり、河口から15キロ以上ある中流域の同町洞尾などで目撃されたり、捕獲されたりする事例が増えている。古座川漁協の関係者は「(河口から約5キロの)月野瀬では見かけたことはあるが、ここまで上がってきているとは知らなかった」と驚いている。

 チヌは沿岸域に生息し、河口の汽水域にも入ってくる。雑食性で、小魚や甲殻類、貝類、海藻類などさまざまなものを食べる。
 古座川は七川ダム(古座川町佐田)以外に川を遮る構造物がなく、県が2016年に行った調査では下流域でボラが見つかっている。
 同町洞尾のおとり店によると、過去にはギンガメアジも川を遡上(そじょう)していた例があるという。チヌは9月に入ってから目撃することが増え、アユの友釣りをしていた客が洞尾の川で体長45センチのチヌを釣り上げた。友釣り中にアユのおとりがかまれたり、針を折られたりしたこともあり、チヌによるものとみている。
 このほか、ウナギを捕るための「はえ縄」やアユの火振り漁の網にチヌが掛かっていた。
 チヌがなぜ中流域まで遡上しているのかは不明だが、「今年は今までになく潮が上がってきている」と漁協の組合員は話す。潮がより上流へと上ってくることに伴い、川の環境も変化しているとみられている。
 漁協の大屋敏治組合長は「汽水域がかなり上まで来ている。当面は今のまま河川の環境を維持し、様子を見たい」と話している。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク