全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

クロダイ古座川をさかのぼる 中流域で捕獲相次ぐ

火振り漁の網に掛かったクロダイ(和歌山県古座川町川口で)

 和歌山県古座川町を流れる古座川で、海水魚のクロダイ(チヌ)が河口をさかのぼり、河口から15キロ以上ある中流域の同町洞尾などで目撃されたり、捕獲されたりする事例が増えている。古座川漁協の関係者は「(河口から約5キロの)月野瀬では見かけたことはあるが、ここまで上がってきているとは知らなかった」と驚いている。

 チヌは沿岸域に生息し、河口の汽水域にも入ってくる。雑食性で、小魚や甲殻類、貝類、海藻類などさまざまなものを食べる。
 古座川は七川ダム(古座川町佐田)以外に川を遮る構造物がなく、県が2016年に行った調査では下流域でボラが見つかっている。
 同町洞尾のおとり店によると、過去にはギンガメアジも川を遡上(そじょう)していた例があるという。チヌは9月に入ってから目撃することが増え、アユの友釣りをしていた客が洞尾の川で体長45センチのチヌを釣り上げた。友釣り中にアユのおとりがかまれたり、針を折られたりしたこともあり、チヌによるものとみている。
 このほか、ウナギを捕るための「はえ縄」やアユの火振り漁の網にチヌが掛かっていた。
 チヌがなぜ中流域まで遡上しているのかは不明だが、「今年は今までになく潮が上がってきている」と漁協の組合員は話す。潮がより上流へと上ってくることに伴い、川の環境も変化しているとみられている。
 漁協の大屋敏治組合長は「汽水域がかなり上まで来ている。当面は今のまま河川の環境を維持し、様子を見たい」と話している。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク