全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三味線奏でる最高齢の石川さん

宵祭りで、教え子たちと一緒に三味線を奏でる石川さん(中)=広幡神社で

 豊川市御津町西方で14日、広幡神社祭礼が始まった。女性だけによる山車の囃子(はやし)をまとめるのは、最高齢の石川藤子さん(89)。30年以上も祭りに携わってきた石川さんは今年で“引退”の可能性もあるが、宵祭りでは元気に三味線を奏でた。  御津町の中心部、JR愛知御津駅のすぐ西にある広幡神社。境内や西方地区市民館周辺には大勢の町民が集まった。午後5時、宵祭り開始。華やかな装飾の山車に女性らが乗り、「アーオ」の掛け声で三味線を弾き、女児が太鼓をたたいた。  静岡県浜松市から移り住み、1984(昭和59)年から一人で三味線の弾き手を担ってきた石川さん。約10年前から自身が講師を務める三味線教室で若者らを指導し、この日も小山瑞夏さん(14)、姉妹の小林亜以さん(18)と茉以さん(18)、平野玲子さんらが一緒に奏でた。  「最初は手が痛いとか、指が動かないと言うけど、みんな弾けるようになれば楽しくなる。三味線は楽しいものだから、楽しく教えています」と言う石川さん。60年の歴史を誇る祭りの半数以上に身を捧げ、12月に90歳になる。「趣味だから、体が元気ならば来年もやりたいけどね。できなくても若い子がいるから安心」と笑顔を見せた。  男性の山車で18歳以上に限っていた鐘を鳴らす役を子どもに託すなど、近年は幅広い世代が一体となって祭礼を盛り立てる。小林さん姉妹は「地元のいい文化に関わることができてうれしい」「御津にいるうちは三味線を続けたい」と話した。  きょう15日の本祭は正午に境内を出発し、国道23号付近、JAひまわり産直広場、愛知御津駅前で囃子などを披露する。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク