全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

古地図で厚狭をガイド 語り部の会が旧山陽道など【山陽小野田】

 古地図を使ったガイドウオーク「古地図を片手に、まちを歩こう。」のスタンプラリーが、おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会の主催で行われている。県内と島根県益田市の全38カ所のうち、山陽小野田市は厚狭地区で開催。山陽小野田語り部の会(杉本保喜会長)の会員が、旧山陽道と周辺の歴史を分かりやすく案内する。来年3月まで。

 県内には江戸時代に作製された美しい古地図が多く残されており、ガイドウオークはこれらを活用してかつての城下町や宿場町に思いをはせるイベント。スタンプラリーは2017年度から行っており、今年度は四つの新コースを加えた。

   厚狭地区では、伊能忠敬が「大日本沿海輿地全図」の参考にしたとされる「御国廻御行程記」を基に、厚狭毛利家ゆかりの地をたどる南コースの他、旧山陽道厚狭市の町並みを散策する北コースが新たに加わった。

   北コースを考案したのは同会会員の開初茂夫さんと岡本稠(しげる)さん。南コースに参加した人にも楽しんでほしいと、6年ぶりの新コースとなった。JR厚狭駅の在来線口を発着点に円応寺、熊谷家居館跡、寝太郎用水路、新橋(志んはし)、祐念寺、大福寺、皇后岩を回る約5㌔のコースを3時間ほどで歩く。

   円応寺では、同駅前に設置された寝太郎像の元となる「稲荷木造」を特別に開帳。江戸時代に鴨庄一帯を統治していたとされる熊谷家と家老4家の功績、旧厚狭中(現厚狭高)と同駅を直接結ぶ新橋建造に至った住民らの思いなどを丁寧に説明する。

   岡本さんは「知識が増えるたびに、どこまで紹介しようかと選出に迷った」と話し、開初さんは「厚狭は伝説が多い。歴史を知らずに育った人にも、地元の宝を知る機会にしてもらえれば」と参加を呼び掛ける。  

 開催日は第1、3土曜の午前9時から。参加料は500円。1人でも参加できる。1週間前までの予約が必要となる。問い合わせは山陽小野田観光協会(電話82―1313)へ。

 スタンプラリー参加者には参加コースの古地図リーフレットを贈呈。スタンプ10個以上でオリジナルピンバッジ、15個以上でコンプリートボックスを贈る。

関連記事

紀伊民報社

ミカン収穫をお手伝い 学生が住民と交流、「地域のファン」に

 温州ミカンの収穫が続く中、和歌山県田辺市上秋津のミカン農家の畑で、県の内外から来る学生らが収穫作業を手伝っている。住民と行動を共にし、地域のファンになる学生もいる。  上秋津地域では毎年、農林...

空港からメリークリスマス JALベルスターが演奏 新千歳

日本航空(JAL)の客室乗務員によるミュージックベルチーム「JALベルスター2023」が11月30日、新千歳空港国内線ターミナルビルのセンタープラザでクリスマスコンサートを開いた。新千歳では9年ぶ...

荘内日報社

市街地に師走告げる音 出羽三山神社 「松の勧進」

 師走の訪れを告げる出羽三山神社(阿部良一宮司)の「松の勧進」が1日、鶴岡市の旧市内で始まった。大みそかから元日にかけて羽黒山頂で行われる勇壮な火祭り「松例祭」=国指定重要無形民俗文化財=の浄財を集...

闇に輝く人工雪 オープンへ着々 上士幌・ぬかびらスキー場

 本格的な冬が到来し、上士幌町のぬかびら源泉郷スキー場では、人工降雪機を使った人工雪作りが行われている。散布された人工雪がゲレンデを白く染め、24日に予定するオープンに向けて急ピッチで整備が進ん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク