全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤ちゃんへ木のスプーン カシワで誕生祝う 大樹

大樹町の赤ちゃんに贈るスプーンとフォーク

 大樹町は今年度から、大樹で生まれた乳児に町の木カシワで作ったスプーンとフォークを贈る「ようこそ赤ちゃん事業」を始める。町ならではのプレゼントで誕生を祝うとともに、長く大樹に愛着を持ってもらう。

 町出身で熊本県在住のカトラリー(食卓用のナイフやフォークなどの総称)作家坂根拓郎さんが昨年、町のお試し暮らし住宅を利用した際、「自分のできることで町の活性化を」と提案し、町が採用した。

 カシワは翌年の新しい芽が出るまで葉が落ちないため、縁起の良い木とされる。深く根を張り大きく育つこともあり、カシワを材料にしたものを贈ることで、子どもがたくましく育つようにとの願いを込める。

 スプーンとフォークは坂根さんの手作りで、町で生産されたカシワを使う。大きさは10センチほどで、柄の部分に子どもの名前と誕生日を焼き入れるほか、酒森正人町長のメッセージカードも添えられる。木の箱に入れ、パッケージにはカシワの葉と町章をあしらった。

 対象は町在住の乳児と1歳未満で転入した乳児で、離乳食を食べ始める前の生後100日をめどに郵送する。今年度は約60人に贈る想定で、7月から順次送る。予算はスプーン・フォークの購入費、パッケージのデザイン費用で48万6000円。

 町は「子どもや親に大樹の印象を強く持ってもらい、将来は町の応援団になってもらえれば」としている。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク