全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤ちゃんへ木のスプーン カシワで誕生祝う 大樹

大樹町の赤ちゃんに贈るスプーンとフォーク

 大樹町は今年度から、大樹で生まれた乳児に町の木カシワで作ったスプーンとフォークを贈る「ようこそ赤ちゃん事業」を始める。町ならではのプレゼントで誕生を祝うとともに、長く大樹に愛着を持ってもらう。

 町出身で熊本県在住のカトラリー(食卓用のナイフやフォークなどの総称)作家坂根拓郎さんが昨年、町のお試し暮らし住宅を利用した際、「自分のできることで町の活性化を」と提案し、町が採用した。

 カシワは翌年の新しい芽が出るまで葉が落ちないため、縁起の良い木とされる。深く根を張り大きく育つこともあり、カシワを材料にしたものを贈ることで、子どもがたくましく育つようにとの願いを込める。

 スプーンとフォークは坂根さんの手作りで、町で生産されたカシワを使う。大きさは10センチほどで、柄の部分に子どもの名前と誕生日を焼き入れるほか、酒森正人町長のメッセージカードも添えられる。木の箱に入れ、パッケージにはカシワの葉と町章をあしらった。

 対象は町在住の乳児と1歳未満で転入した乳児で、離乳食を食べ始める前の生後100日をめどに郵送する。今年度は約60人に贈る想定で、7月から順次送る。予算はスプーン・フォークの購入費、パッケージのデザイン費用で48万6000円。

 町は「子どもや親に大樹の印象を強く持ってもらい、将来は町の応援団になってもらえれば」としている。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク