全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

犯罪のない地域社会を 大浜公民館が住民運動PR

横断幕を掲げ、犯罪のない明るい地域社会づくりを呼び掛ける参加者ら=6月30日夕、大浜地区

 犯罪のない明るい地域社会を目指す第67回社会を明るくする運動が1日から全国一斉に始まるのを前に、大浜公民館(長浜寛館長)は6月30日、第25回大浜地区集会を公民館で開いた。児童生徒や住民ら約300人が、安心して暮らせるまちづくりに励むことを再確認。 横断幕を掲げて大浜地区内約1・5キロを歩き、同運動をPRした。  大浜では1991(平成3)年ごろ、「自分たちの地域は自分たちで守る」と自警団体の実施委員会が結成された。92年からは公民館主導で毎年、社明運動に合わせて地区集会とパレードを実施している。長浜館長によると、市内でも珍しい組織と取り組み。  集会には公民館関係者や大浜中学校(友利始夫校長)の1年生と大浜小学校(松原範夫校長)の3~6年生の児童、八重山保護区保護司らが参加。長浜館長が「連鎖反応で社会の明るい輪が広がる。社会を明るくする一員として行動できるようになりましょう」とあいさつ。漢那政弘石垣市副市長、那覇保護観察所石垣駐在官事務所の満名智美保護観察官らが激励した。  大浜小6年の上原未羽さん(11)と大浜中1年の宮良彩乃さん(12)による意見発表も行われ、上原さんは「一人でも笑えば、もう一人笑う。もう一人笑えば、また一人笑う。そうやって笑顔は、どんどん続いていきます」と笑顔の大切さを訴えた。 宮良さんは「地域の方々と共に、明るく楽しい毎日を過ごしていける社会を目指して、みんなで協力していきましょう」と呼び掛けた。  パレードでは大浜小鼓笛隊が先導、同公民館を発着点に地区内を一周した。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク