全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夏休みに地元伝統を学ぶ

夏休みの凧揚げ特訓に臨む児童たち=田原市内の中央公園で

 来年の「田原凧まつり」に向けて、田原市立田原中部小学校凧クラブの児童有志らが早くも動き始めている。児童らはこの夏休み中、毎週2回、1泊2日の合宿を挟むなど、田原凧保存会から凧揚げの技術指導を受ける特訓の最中。夏休みも終わりを迎える30日には、市内の中央公園で総仕上げとする最後の練習に臨んだ。  夏休みの特訓では、揚げ手の凧の揚げ方や姿勢をはじめ、糸のかご持ちとの連携など、空中で自由自在に操るための技術を繰り返し実践しながら学んできたという児童たち。  この日は上達を志す5、6年生の男女10人が参加し、特訓で培ってきた技術などを再確認し、手応えをつかんだ。  夏休みの特訓を1日も休むことなく参加し続けた柴田浬李君(6年)は「前よりも素早く操ることができるようになった」、岸上裕弥君(同)は「糸を出す時が安定してきた」、林大和君(同)は「凧を揚げる瞬間が前より上手くなった気がする」と、3人とも小麦色に焼けた顔で元気に話した。  特訓の成果は豊橋市で9月末に開かれる凧揚げ大会で披露するという。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク