全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

児童らが稲刈り体験 タイ米収穫し、実りに感謝

炎天下、稲刈りに汗を流す平久保小学校の児童たち=29日午後、同校内の田んぼ

 平久保小学校(座間味玲子校長)の児童7人と教職員らが29日午後、校内の田んぼで、八重山農林高校環境工学部(金城紀香部長、部員13人)の生徒3人と黄金色に色づいたタイ米の稲を刈り取り、実りに感謝した。  平久保小の田んぼ(80平方メートル)は、八重農の教職員らが5月中旬ごろ、校内に造ったもので、整地や稲の苗の提供、田植えの指導などを行ってきた。  同部は川の流域に集中的に水田を造り、タイ米を有機栽培することで赤土の流出を防ぐとともに、付加価値が高い泡盛の生産とブランド化を目指すプロジェクトを行っており、稲刈りは活動の一環でもある。  この日は炎天下、児童らが鎌を片手に稲を刈り取り、束にして脱穀までを行った。今後は八重農が精米した後、カレーライスやチャーハンなどにして食べる計画という。  同部の鈴木颯一郎君(グリーンライフ科2年)は「水田から造り、うまくいくか不安だったが、学校側の管理がしっかりできていたことが今回の実りにつながったと思う。児童には生産者側の気持ちを感じてもらいたい」、仲間怜央(れお)君(同)は「食べ物がどういうふうに作られているのか少しでも分かってもらえたらうれしい。将来は八重農に来てほしい」と期待。  平久保小4年の多良間香恋さん(9)は「最初全然刈れなかったが、だんだん慣れて楽しくなった。チャーハンにして食べたい」と笑顔で語った。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク