全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

児童らが稲刈り体験 タイ米収穫し、実りに感謝

炎天下、稲刈りに汗を流す平久保小学校の児童たち=29日午後、同校内の田んぼ

 平久保小学校(座間味玲子校長)の児童7人と教職員らが29日午後、校内の田んぼで、八重山農林高校環境工学部(金城紀香部長、部員13人)の生徒3人と黄金色に色づいたタイ米の稲を刈り取り、実りに感謝した。  平久保小の田んぼ(80平方メートル)は、八重農の教職員らが5月中旬ごろ、校内に造ったもので、整地や稲の苗の提供、田植えの指導などを行ってきた。  同部は川の流域に集中的に水田を造り、タイ米を有機栽培することで赤土の流出を防ぐとともに、付加価値が高い泡盛の生産とブランド化を目指すプロジェクトを行っており、稲刈りは活動の一環でもある。  この日は炎天下、児童らが鎌を片手に稲を刈り取り、束にして脱穀までを行った。今後は八重農が精米した後、カレーライスやチャーハンなどにして食べる計画という。  同部の鈴木颯一郎君(グリーンライフ科2年)は「水田から造り、うまくいくか不安だったが、学校側の管理がしっかりできていたことが今回の実りにつながったと思う。児童には生産者側の気持ちを感じてもらいたい」、仲間怜央(れお)君(同)は「食べ物がどういうふうに作られているのか少しでも分かってもらえたらうれしい。将来は八重農に来てほしい」と期待。  平久保小4年の多良間香恋さん(9)は「最初全然刈れなかったが、だんだん慣れて楽しくなった。チャーハンにして食べたい」と笑顔で語った。

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク