全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

児童らが稲刈り体験 タイ米収穫し、実りに感謝

炎天下、稲刈りに汗を流す平久保小学校の児童たち=29日午後、同校内の田んぼ

 平久保小学校(座間味玲子校長)の児童7人と教職員らが29日午後、校内の田んぼで、八重山農林高校環境工学部(金城紀香部長、部員13人)の生徒3人と黄金色に色づいたタイ米の稲を刈り取り、実りに感謝した。  平久保小の田んぼ(80平方メートル)は、八重農の教職員らが5月中旬ごろ、校内に造ったもので、整地や稲の苗の提供、田植えの指導などを行ってきた。  同部は川の流域に集中的に水田を造り、タイ米を有機栽培することで赤土の流出を防ぐとともに、付加価値が高い泡盛の生産とブランド化を目指すプロジェクトを行っており、稲刈りは活動の一環でもある。  この日は炎天下、児童らが鎌を片手に稲を刈り取り、束にして脱穀までを行った。今後は八重農が精米した後、カレーライスやチャーハンなどにして食べる計画という。  同部の鈴木颯一郎君(グリーンライフ科2年)は「水田から造り、うまくいくか不安だったが、学校側の管理がしっかりできていたことが今回の実りにつながったと思う。児童には生産者側の気持ちを感じてもらいたい」、仲間怜央(れお)君(同)は「食べ物がどういうふうに作られているのか少しでも分かってもらえたらうれしい。将来は八重農に来てほしい」と期待。  平久保小4年の多良間香恋さん(9)は「最初全然刈れなかったが、だんだん慣れて楽しくなった。チャーハンにして食べたい」と笑顔で語った。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク