全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

厚岸の自然 豊かさ知って 福田さん写真集自主出版

出来上がったばかりの写真集を手にする福田さん

 【厚岸】厚岸在住の写真愛好家の福田美樹夫さん(73)が今月、初めての写真集「厚岸の自然にくらす」を自主出版した。2006年から22年3月まで、国指定鳥獣保護区管理員を務め、違法行為の摘発や鳥獣調査の傍ら、撮影を続けてきた。29日からは、町宮園1の本の森厚岸情報館2階ギャラリーで初の個展を開催。「厚岸の自然の豊かさを知ってほしい」と話している。

 福田さんは弟子屈町生まれ。弟子屈高校卒業後、厚岸町役場に奉職し厚岸水鳥観察館初代館長などを経て06年に退職した。1996年からは町在住の愛好家でつくるサークル「映像集団光風」に所属し、事務局長を務めながら展示や町要覧の撮影協力などで活躍している。

 写真集は、A4判カラー85㌻。「森林、河川、湿地、湖沼等での鳥獣観察記録」との副題で、管理員を引退後1年をかけて編集した。巡視区域だった別寒辺牛川周辺やパイロットフォレストの林道を中心に町内各所で撮影した野鳥82種をはじめ野生動物、風景などを掲載する。写真撮影のきっかけとなった自宅前の厚岸湖で羽を休めるオオハクチョウの群れや近年人気のシマエナガ、希少なエゾライチョウなどさまざまな鳥たちの一瞬の表情を捉えている。

 福田さんは「はじめの頃は、鳴き声を録音し後から種類を確認していた。厚岸の豊かな自然と多様性、命のつながりを実感し、記録することがライフワークになり、仕事と趣味の両方で形に残すことができた」と話す。

 写真集は町内小中学校や関係機関に寄贈。同館では閲覧もできる。写真展は5月7日(1、2日は休館)まで。掲載作品の中から約20点を展示する。開館は午前10時から午後6時まで。観覧無料。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク