全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市内にもWBC効果 バッティングセンターに列、書籍も人気【宇部】

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表が14年ぶり3回目の優勝を決め、日本中に歓喜と興奮をもたらした。宇部市内でも侍ジャパンの活躍に触発され、バッティングセンターに連日通ったり、書店で関連商品を買い求めたりするなどWBC効果が表れている。

 フレスパランド・カッタの湯(海南町)内にあるバッティングセンター。メキシコと対戦した準決勝あたりから利用者が急増し、絶えず店内に快音が鳴り響く。週末には、球速90~120㌔の打撃用5レーン、ストラックアウト1レーンに順番待ちの列ができるほどにぎわっている。

 中には米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手を意識して、打撃とストラックアウトの〝二刀流〟に挑戦する人も。会社員の高瀬優斗さん(18)=島2丁目=は「野球に興味は無かったけど、WBCを見て大谷選手と村上宗隆選手のとりこになった。バットに初めて球が当たった瞬間は最高の気分。次は球速を上げてチャレンジしてみたい」と張り切っていた。

 幸太郎本舗TSUTAYA宇部店(島3丁目)には野球関連の雑誌や本が約50種類あり、今は侍ジャパンの関連書籍が人気。中でも大谷選手の本はWBCが始まってすぐに売り切れ、出版社にも既に在庫が無い状態。プロ野球名鑑の売れ行きも好調で、近日発売予定の優勝記念冊子は予約が殺到しているという。

 福澤好恵店長は「スポーツに関する書籍は人気だが、WBCの影響で野球関係の冊子を手にする人が増えた印象」と話す。球春到来で盛り上がりがさらに続きそうだ。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク