全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

飯田線80周年アルプス号 伊那市駅から出発

飯田線80周年アルプス号とテープカットする関係者=伊那市駅

 JR東海は19日、飯田線の全線開通80周年を記念して運行する快速列車「飯田線80周年アルプス号」の出発式を始発駅の伊那市駅で開いた。関係者が車両横でテープカットをして、伊那谷を一つに結び、地域の足としての役割を担ってきたローカル線の節目の年を祝福。専用のヘッドマークを付けた記念列車は、満員の鉄道ファンを乗せて終点の飯田駅(飯田市)に向けて出発した。

 飯田線は1937年8月20日に辰野駅(辰野町)~豊橋駅(豊橋市)の全線が開通した。JR東海では記念列車を運行し、20日には秘境駅ランキング100位以内にランクインしている7駅の入場券をセットにした記念切符を発売する。

 出発式は記念列車での旅を楽しむ「乗り鉄」のほか、車両を撮影する「撮り鉄」、地域住民らでにぎわった。駅内ではプラレールコーナーを設け、飯田線列車の映像を上映した。出発前には女性太鼓団体の演奏が雰囲気を盛り上げた。

 式で来賓の白鳥孝市長は「乗って楽しむ飯田線。地域の足、観光集客の柱」とあいさつ。渡辺博昭駅長は「駅の間が平均2キロと短く、通勤通学に使っていただいている」と感謝の言葉を述べた。豊丘村から訪れた豊丘小学校5年の涌井弥遼君は「普段列車はあまり乗らないけれど、記念列車は乗ってみたかった。夏休みのいい思い出になりそう」とうれしそうに話し、母親と乗り込んでいった。

 列車内では乗車証明書が発行され、駒ケ根駅(駒ケ根市)ではご当地キャラが出迎え、飯島駅(飯島町)では楽器演奏で歓迎し、伊那大島駅(松川町)では特産品を販売した。

 記念列車は20日も同駅間で運行する。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク