全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧産ホッキ貝22年連続水揚げ日本一

苫小牧市のホッキ貝漁獲量が22年連続日本一を達成した。市が独自にまとめた2021年の主要産地別統計に基づく結果。21年の苫小牧産ホッキ貝は前年比約9%増の867トンで、2位とは350トン以上の大差。苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は「今後も資源管理を徹底しながら漁を操業し、ホッキ貝を安定して出荷していく」と強調している。

22年連続水揚げ日本一の苫小牧ホッキ=昨年12月

 20日に市が発表した。市は道の水産統計に加え、道外ホッキ主要産地の青森、福島の統計を確認し、市町村別漁獲量の順位をまとめ、毎年この時期に公表している。苫小牧のホッキ貝は00年から漁獲量日本一を続けており、ランキングをブランド力のアピールにつなげている。

 今年の漁獲量上位は、2位が根室管内別海町(510トン)、3位が根室市(430トン)、4位が釧路管内白糠町(374トン)、5位が同浜中町(311トン)。道外は青森県の三沢市(268トン)、八戸市(181トン)が多かった。漁獲高も苫小牧が1位の約3億9300万円で、2位別海町の約2億4400万円の約1・6倍だった。

 日本一の継続は、苫小牧漁協による徹底した資源管理の成果。道の規則でホッキ貝の漁獲は殻長7・5センチ以上だが、同漁協は独自基準で9センチ以上と定め、ホッキ貝の成長を促している。移植放流など漁場改善で資源を安定化し、資源量に対する漁獲量も10%以上が乱獲とされるところ、同漁協は平年4%程度に抑制。それでも資源量拡大に伴って漁業者1人当たりの漁獲上限はこの3年間、8・2トン、9・2トン、10トンと右肩上がりとなっている。

 一方、20年以降は新型コロナウイルス感染拡大により、主に関東圏で飲食店需要が激減し、価格低迷の対策が急務となっている。同漁協は21年に水産エコラベル国際認証「マリン・エコ・ラベル(以下MEL)」のバージョン2を取得し、加工品を開発するなど新たな取り組みを繰り広げ、平均単価のV字回復を図ってきた。

 同漁協の赤澤一貴総務部長は「今後も漁価対策をしながら安定的に生産し、苫小牧産ホッキの可能性を広げたい」と意欲。今後は昨年12月に新発売したむき身の冷凍加工品「湯呑(ゆの)みのほっき貝」の販路拡大、MELを活用した輸出拡大を考えているが、「個人消費を増やすことが大事。地元の皆さんに日本一のホッキを食べ続けてもらえるよう取り組む」と意気込む。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク