全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

地域の伝統 新たな伝承、小野小6年生が紙すきで卒業証書作り【宇部】

 地元の伝統和紙を使って自分たちの卒業証書を作ろうと17日、旧小野中の紙すき場で小野小(菊池直樹校長、21人)の6年生3人が地域の人たちに指導されながら紙すきを行った。3月17日の卒業式で校章の透かしが入った手作り卒業証書が児童に手渡される。

 小野地区では、和紙の原料になる「コウゾ」が多く自生していることから、かつては和紙作りが盛んに行われていた。旧小野中の生徒たちは2016年3月に統合で閉校するまで毎年、卒業証書用の手すきの和紙を作っていた。

 伝統の学校行事を引き継ごうと、小学生が今回初めて卒業証書作りに挑戦した。指南役は小野観光推進協議会文化伝承部(末田昭男部会長)の4人が務めた。

 昨年末に文化伝承部のメンバーが地元で採取したコウゾを蒸して皮を剥ぎ、たたいて繊維をほぐし、紙素と呼ばれる和紙の原料に加工。これを紙すき場に設置された大きなすき舟の中で、水とのり(トロロアオイの根由来の粘液)と一緒に溶きほぐした。

 これらを均一になるようによくかき混ぜた後、児童は「かせ」と呼ばれるA3サイズの木枠を水の中でくぐらせ、前後に揺すって水を切った。かせには校章入りのものもあり、これらを使い分けながら何枚も紙をすいた。和紙はプレスして水を抜いた後に乾燥させ、印刷会社で最終加工される。

 古谷泰我君は「はがき大の紙すきはしたことがあるが、卒業証書用は木枠が大きくて重たかった」、才木晃太朗君は「6年間のいい思い出になる」、川脇怜士君は「地元に伝わる和紙を使った卒業証書が楽しみ」と目を輝かせた。

 末田部会長は「これから毎年、6年生が自分たちの卒業証書を作り続けてほしい。地域の文化祭やいろいろなイベントで小野和紙を広めたい」と話した。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク