全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

双葉幼稚園を一般公開 貴重な資料、写真も 帯広

重要文化財指定を受け、双葉幼稚園で始まった記念展

 国の重要文化財(重文)指定を記念した旧双葉幼稚園園舎(帯広市東4南10)の一般公開が16日、始まった。市民らが訪れ、吹き抜けの内部や貴重な資料に見入っている。18日まで。

 双葉幼稚園展と題し、保存活動などに取り組んできた「栴檀(せんだん)の会」が主催。園舎の活用方法を地域住民らと考える機会にしようと企画した。

 特徴的な丸屋根ドームを内部から見られる貴重な機会で、訪れた人は興味深げに眺めていた。戦前の日米交流を象徴する「青い目の人形」や教育に使われていた恩物(知育玩具)、幼稚園の歴史を伝える多数の資料や写真が展示された。

 市内から訪れた池添博彦さん(75)は「天井が高くユニークな建物。遊具も価値があり、今後も守り育ててほしい」と話した。公開時間は午前10時から午後4時まで。

 公開に先立ち、同日午前10時から重文指定書伝達式が同所で行われ、市教委の嶋崎隆則教育長が、園舎を所有する日本聖公会北海道教区(帯広聖公会)の李香男司祭に指定書を手渡した。

 李司祭は「さらに地域から愛され、地域に役立つ活用ができるよう、知恵を出し合っていきたい」と述べた。

 同園舎は1922年に完成し、2013年の幼稚園閉園まで使われた。意匠的に優秀で歴史的な価値があるとし、7月31日付で重文に指定された。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク