全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全国初100%オーガニック給食 有機農家ら 更別で

 農薬や化学肥料を使わないオーガニック食材を使用した給食の実現に取り組む「十勝ふる里オーガニック給食実行委員会」と村教委などは2日、村内の公立小中学校と幼稚園で、ミシュランシェフがレシピを開発した「オーガニックカレー」を給食で提供した。100%オーガニック食材で給食を提供するのは全国で初めてとみられる。

オーガニックカレーを食べる生徒ら

 同実行委は、十勝管内の有機栽培を行う農家などの有志が集まり昨年発足。取り組みの一環で、福岡県のミシュランシェフ中野秀明さんにレシピの開発を依頼し、肉を使わないオーガニックカレーを開発した。

 「オーガニックカレー」は、地元食材を取り入れた「ふるさと給食」の日に合わせて提供。十勝産のジャガイモ、タマネギ、ニンジンなどの有機野菜を使ったカレーに加え、バナナやヨーグルトなど有機食材のみを使ったデザート、有機オレンジジュースも提供した。

 この日は、中野シェフが更別中央中を訪問し、配膳を終えた生徒たちに「今回の食材は農薬・化学肥料を使わずに作られている。ぜひ味わって有機野菜のおいしさを感じてほしい」と話した。

試食会でカレーを配膳するミシュランシェフの中野さん

 生徒たちは黙食ながらもオーガニックカレーの味に感嘆。同校2年の女子生徒(14)は「スパイスが利いていて普段食べているカレーとは風味が違った。野菜も軟らかく煮込まれ、甘くておいしかった」と話した。

 実行委員会や村教委、農林水産省道農政事務所の関係者などもカレーを試食。実行委員会の松橋泰尋さんは「管内では食の大生産・多様化が進んでいる。多様性を学校給食で生かしていけたら」と話していた。オーガニック給食は、今後も希望する管内の自治体があれば提供を続ける予定。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク