全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪圏工業メッセ 「脱炭素」に注目集まる 長野県諏訪市

脱炭素に向けて展示されている電動ミニカー。多くの来場者からの注目を集めた

長野県諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)を主会場に開いている県内最大の工業見本市「諏訪圏工業メッセ2022」は14日、2日目を迎えた。前日を539人上回る5405人(速報値、主催者発表)が来場し、出展社の関係者と来場者の商談や情報交換が本格化。世界的に取り組みが進む「脱炭素」関連の出展品にも、高い関心が寄せられた。

ホビー製品の企画、製造、販売を手掛けるピーエムオフィスエー(同市)は、1人乗り電気自動車(EV)を展示した。家庭用コンセントで充電でき、最高時速約60キロ、最長距離80~100キロを走行できる。中国で生産され、同社が輸入を手掛けていることから展示した。

来場者は、見慣れない車に興味津々。充電口を見たり、運転席に座ってハンドルに手をかけたりして性能を確かめていた。同社社員は「通勤や街乗りには使い勝手がいい車。脱炭素の動きやガソリン価格の高騰もあるので、多くの人に見てもらいたい」と話した。

脱炭素に向けた具体的な取り組みを促そうと、NPO諏訪圏ものづくり推進機構環境研究部は、脱炭素に関するブースを初めて出展した。諏訪地域6市町村の二酸化炭素排出量や、脱炭素に向けた取り組みの現状などをパネルで紹介。電気やガソリンを使用した際の排出量を、実物の炭素で示すコーナーも設けた。

同NPOの五味知佳士理事は「脱炭素に取り組まなければと思っていても、何から始めればいいか分からない企業関係者は多い。理解を深め、行政や商工会議所と連携して実現させてほしい」と話していた。

関連記事

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

イカダで16キロ悠々 十勝川下りに43艇 手作りで趣向凝らし

 十勝の夏の恒例イベント「第52回十勝川イカダ下り」(実行委主催)が7日、十勝川で開かれた。時折雨が降る中だったが、参加者は自慢の手作りイカダでゆったりと川の流れを楽しんだ。  スタート地点が...

北羽新報社

ブルーインパルス 能代市上空で初の編隊飛行 華麗な技で魅了

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が6日、能代市の能代港上空で展示飛行を行い、市内外の観客や航空ファンから大きな歓声が上がった。のしろみなと祭りの30回目と開港50周年の節...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク