全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員

 豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。

 77年前の8月7日に市内で実際に起きた惨事を現場を訪ねることで学ぶ。これにより、市のことを深く理解し、市職員としての自覚を高める。

 1945年8月の段階で工員や動員学徒ら約5万6700人が働いていた工廠。124機のB29爆撃機が800㌧の爆弾を投下、勤労学徒をはじめとする2500人以上の死者を出した。

 2班に分かれた33人の職員たちは、海軍工廠と豊川市の成り立ち、工廠の映像資料、語り継ぎボランティアによる園内ガイドなどで学習した。「旧第三信管置場」に残された機械を見学し、「旧第一火薬庫内」でボランティアから説明を受けた。また、平和交流館を見学した。

 9月には消防体験研修を実施する予定。複数現場の体験で、職員のキャリア形成にも役立てる。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク