全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

弱ったアオウミガメ救出

救助されたアオウミガメを心配そうに見守る関係者=1日、喜界島の湾漁港

 喜界町の湾漁港で弱々しく漂っているアオウミガメを町職員が見つけ、地元住民らの協力を得て2日がかりで無事救出した。ウミガメの口からは糸に絡まった海藻の塊が出てきたことから、飲み込めずに食道に詰まったとみられる。救助されて元気を取り戻したウミガメの姿に、立ち会った住民らは胸をなで下ろした。

 アオウミガメは甲長約50センチ、16キロで、雌雄は不明。町企画観光課長の富充弘さん(53)が見つけ、漁協関係者らに救出の協力を求めた。

 1日午後に持ち越された救出作戦では、漁港近くのスーパー提供の魚の切り身を餌に使用。住民約10人が見守る中、1時間後、ゆっくりと近づいてきたウミガメを網で引き上げることに成功した。

 ウミガメの首元には、ワームと呼ばれる疑似餌と釣り針が絡まっており、口から出ていた糸を引っ張ると海藻の塊が出てきた。救助を見守った同町の高坂嘉孝獣医師(66)は「糸に絡まった海藻を飲み込めずに食道に詰まったのではないか」と分析した。

 ウミガメは衰弱していたが、高坂獣医師の処置で元気を取り戻し、手足を勢いよく動かした。第1発見者の富さんは「助けることができてよかった。海に帰れるよう回復を祈る」とほっとした様子。

 アオウミガメは同町早町にある喜界島サンゴ礁科学研究所で経過観察をした上で海に返す予定だという。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク