全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

弱ったアオウミガメ救出

救助されたアオウミガメを心配そうに見守る関係者=1日、喜界島の湾漁港

 喜界町の湾漁港で弱々しく漂っているアオウミガメを町職員が見つけ、地元住民らの協力を得て2日がかりで無事救出した。ウミガメの口からは糸に絡まった海藻の塊が出てきたことから、飲み込めずに食道に詰まったとみられる。救助されて元気を取り戻したウミガメの姿に、立ち会った住民らは胸をなで下ろした。

 アオウミガメは甲長約50センチ、16キロで、雌雄は不明。町企画観光課長の富充弘さん(53)が見つけ、漁協関係者らに救出の協力を求めた。

 1日午後に持ち越された救出作戦では、漁港近くのスーパー提供の魚の切り身を餌に使用。住民約10人が見守る中、1時間後、ゆっくりと近づいてきたウミガメを網で引き上げることに成功した。

 ウミガメの首元には、ワームと呼ばれる疑似餌と釣り針が絡まっており、口から出ていた糸を引っ張ると海藻の塊が出てきた。救助を見守った同町の高坂嘉孝獣医師(66)は「糸に絡まった海藻を飲み込めずに食道に詰まったのではないか」と分析した。

 ウミガメは衰弱していたが、高坂獣医師の処置で元気を取り戻し、手足を勢いよく動かした。第1発見者の富さんは「助けることができてよかった。海に帰れるよう回復を祈る」とほっとした様子。

 アオウミガメは同町早町にある喜界島サンゴ礁科学研究所で経過観察をした上で海に返す予定だという。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク