全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口県立美術館で雪舟の特別展

同展の目玉である「倣夏珪山水図」(左)について解説する学芸員の荏開津さん(県立美術館で)

 県立美術館の特別展「雪舟発見!展」は31日、山口市亀山町の同館で始まった。84年ぶりに発見された室町時代の水墨画家、雪舟の「倣夏珪(ほうかけい)山水図」をはじめ、他の狩野派画家が雪舟に倣った作品など11点を展示。雪舟の力強い筆遣いが、人々を魅了している。12月10日まで。

 中国南宋期に活躍した名画家の夏珪に倣い、雪舟が550年ほど前に描いたとされる団扇(うちわ)形の倣古図(ほうこず)。昭和初期には九州の会社経営者が所有していたものの、その後行方が分からなくなっていた。詳しいいきさつは非公表だが、今年9月に再発見の発表があり、現在は所有者(個人)から同館が5年間の寄託を受けている。30日に開かれたオープニング式典では、村岡嗣政知事が「今回の発見は大変喜ばしく、ぜひ多くの方々に作品を見ていただきたい」と、主催者を代表してあいさつした。

 終了後は学芸員の荏開津(えがいつ)通彦さんによるギャラリートークがあり、雪舟は少なくとも12点の団扇形の倣古図を制作し、現在伝わっているのは「倣夏珪山水図」を含めて7点のみだという。同展では、重要文化財として県外の博物館や美術館に所蔵されたものも集め、シリーズ計5点を並べている。荏開津さんは「江戸時代の狩野派画家が雪舟に倣った作品とも見比べながら、真筆の力強さや技法の幅広さを感じて」と語った。

 料金は一般500円、70歳以上と学生400円、18歳以下無料。時間は午前9時から午後5時まで。月曜日は休みだが、11月6日、12月4日は開館。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク