全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖のおやこはくちょう丸 来月末で運航終了

11月末で運航終了となる遊覧船「おやこはくちょう丸」

 ぬのはん(諏訪市)は、遊覧船「おやこはくちょう丸」(大人178人定員、82トン)の運航を11月30日で終了し、廃船にする。利用者数が減少し、船舶事業の経営を圧迫しているのが理由。同社の遊覧船は2隻から1隻体制に縮小して継続する。加藤明博社長は「遊覧船は諏訪湖のシンボルなので、やめてしまうことは観光に携わる人に申し訳なく思う」と話している。

 同社によると、おやこはくちょう丸は1991年6月に旧遊覧船の後継として導入された。当時は別会社が運航していたが、7年ほど前にぬのはんのグループ会社が同船を購入。昨年5月からは、ぬのはん船舶事業部が運航を受け継いでいる。

 以前に比べて乗船する団体客が減少し、加藤社長は「夏場とゴールデンウイーク以外は客が集まらない」と話す。運航初年度の91年シーズンにピークの約7万人だった利用者数は、昨シーズン(2016年3月~17年2月)には約1万2000人にまで減っている。

 遊覧船は維持管理費の負担も大きい。国土交通省北陸信越運輸局が船の安全性を点検する5年に1度または運航7000時間以内の定期検査は1回当たり数百万円かかるという。年1回の中間検査もあり、費用負担がネックになっていた。

 12月以降の遊覧船観光は小型船舶「いるか号」(大人45人定員、18トン)で受け入れる。塗装の塗り替えなど来年5月の大型連休をめどにリニューアルする方針。同社が運営する諏訪湖釣船センター(同市渋崎)も継続する。

 これまでのおやこはくちょう丸の利用に感謝し、11月24~30日に諏訪市民対象に感謝デーを行う予定。料金を大人450円(通常900円)、子ども200円(4~12歳、同450円)に設定し、多くの人に乗船してもらう。

 諏訪湖ではこのほか、アルピコグループの諏訪湖観光汽船が遊覧船の「すわん」と「竜宮丸」を運航している。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク