全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖のおやこはくちょう丸 来月末で運航終了

11月末で運航終了となる遊覧船「おやこはくちょう丸」

 ぬのはん(諏訪市)は、遊覧船「おやこはくちょう丸」(大人178人定員、82トン)の運航を11月30日で終了し、廃船にする。利用者数が減少し、船舶事業の経営を圧迫しているのが理由。同社の遊覧船は2隻から1隻体制に縮小して継続する。加藤明博社長は「遊覧船は諏訪湖のシンボルなので、やめてしまうことは観光に携わる人に申し訳なく思う」と話している。

 同社によると、おやこはくちょう丸は1991年6月に旧遊覧船の後継として導入された。当時は別会社が運航していたが、7年ほど前にぬのはんのグループ会社が同船を購入。昨年5月からは、ぬのはん船舶事業部が運航を受け継いでいる。

 以前に比べて乗船する団体客が減少し、加藤社長は「夏場とゴールデンウイーク以外は客が集まらない」と話す。運航初年度の91年シーズンにピークの約7万人だった利用者数は、昨シーズン(2016年3月~17年2月)には約1万2000人にまで減っている。

 遊覧船は維持管理費の負担も大きい。国土交通省北陸信越運輸局が船の安全性を点検する5年に1度または運航7000時間以内の定期検査は1回当たり数百万円かかるという。年1回の中間検査もあり、費用負担がネックになっていた。

 12月以降の遊覧船観光は小型船舶「いるか号」(大人45人定員、18トン)で受け入れる。塗装の塗り替えなど来年5月の大型連休をめどにリニューアルする方針。同社が運営する諏訪湖釣船センター(同市渋崎)も継続する。

 これまでのおやこはくちょう丸の利用に感謝し、11月24~30日に諏訪市民対象に感謝デーを行う予定。料金を大人450円(通常900円)、子ども200円(4~12歳、同450円)に設定し、多くの人に乗船してもらう。

 諏訪湖ではこのほか、アルピコグループの諏訪湖観光汽船が遊覧船の「すわん」と「竜宮丸」を運航している。

関連記事

長野日報社

紅葉の「もみじ湖」案内 ボラガイド”出動” 長野県箕輪町

 長野県箕輪町観光協会は26日、紅葉の名所として知られる箕輪ダム「もみじ湖」の案内などを担う「観光ボランティアガイド」事業を始めた。観光案内サービスの充実を図る新事業で、町内外の19人が先日までに...

長野日報社

信州そば店 スマホでチェックイン 振興会が食事券など当たるイベント 長野..

伊那市のソバ生産者とそば店などでつくる「伊那そば振興会」は、市内にある16のそば店を巡り、アンケートやクイズに答えると食事券や割引券が抽選で当たる「そば屋にスマホdeチェックインラリー」を23...

長野日報社

茅野駅周辺「本でつながり」 長野県茅野市が空間利用の社会実験

 長野県茅野市は、「本を通じて人がつながる」ことを目指してJR茅野駅周辺で空間利用に関する社会実験を行っている。同駅の自由通路では「本の巣箱」と名付けて本棚を置いて本を貸し出し中。駅利用者が本...

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク