全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖のおやこはくちょう丸 来月末で運航終了

11月末で運航終了となる遊覧船「おやこはくちょう丸」

 ぬのはん(諏訪市)は、遊覧船「おやこはくちょう丸」(大人178人定員、82トン)の運航を11月30日で終了し、廃船にする。利用者数が減少し、船舶事業の経営を圧迫しているのが理由。同社の遊覧船は2隻から1隻体制に縮小して継続する。加藤明博社長は「遊覧船は諏訪湖のシンボルなので、やめてしまうことは観光に携わる人に申し訳なく思う」と話している。

 同社によると、おやこはくちょう丸は1991年6月に旧遊覧船の後継として導入された。当時は別会社が運航していたが、7年ほど前にぬのはんのグループ会社が同船を購入。昨年5月からは、ぬのはん船舶事業部が運航を受け継いでいる。

 以前に比べて乗船する団体客が減少し、加藤社長は「夏場とゴールデンウイーク以外は客が集まらない」と話す。運航初年度の91年シーズンにピークの約7万人だった利用者数は、昨シーズン(2016年3月~17年2月)には約1万2000人にまで減っている。

 遊覧船は維持管理費の負担も大きい。国土交通省北陸信越運輸局が船の安全性を点検する5年に1度または運航7000時間以内の定期検査は1回当たり数百万円かかるという。年1回の中間検査もあり、費用負担がネックになっていた。

 12月以降の遊覧船観光は小型船舶「いるか号」(大人45人定員、18トン)で受け入れる。塗装の塗り替えなど来年5月の大型連休をめどにリニューアルする方針。同社が運営する諏訪湖釣船センター(同市渋崎)も継続する。

 これまでのおやこはくちょう丸の利用に感謝し、11月24~30日に諏訪市民対象に感謝デーを行う予定。料金を大人450円(通常900円)、子ども200円(4~12歳、同450円)に設定し、多くの人に乗船してもらう。

 諏訪湖ではこのほか、アルピコグループの諏訪湖観光汽船が遊覧船の「すわん」と「竜宮丸」を運航している。

関連記事

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

長野日報社

70回目に良い思い出を 辰野ほたる祭り開幕

 伊那谷に夏到来を告げる、辰野町の「第70回信州辰野ほたる祭り」(実行委員会主催)が16日、9日間の日程で開幕した。国内有数の蛍の名所・松尾峡(ほたる童謡公園)でゲンジボタルが舞い、JR辰野駅...

長野日報社

2カ月遅れで運行始まる 南アルプス林道バス

 伊那市長谷の戸台口と南アルプス北沢峠を結ぶ市営南アルプス林道バスが12日、林道崩落のため約2カ月遅れで今季の運行を開始した。関係者が同市長谷の仙流荘横にある林道バス営業所で安全祈願祭を行い、...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク