全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

3年ぶり秋田─青森間運行 急行「津軽」に鉄道ファン熱視線

3年ぶりに秋田駅─青森駅間で臨時運行された急行「津軽」(能代市戸草沢で)

 JR奥羽本線の秋田駅─青森駅間で2日、急行「津軽」が臨時運行された。JR東日本の「北東北三県大型観光キャンペーン」に合わせて企画され、同区間での運行は元年7月以来3年ぶり。能代山本の各駅や沿線では県内外の鉄道ファンがカメラを構え、力強く奥羽路を駆け抜ける姿を写真に収める姿が見られた。「津軽」は3日も運転される。
 「津軽」は昭和29年から平成5年までの39年間、上野駅と青森駅間を奥羽本線経由で結んだ夜行急行列車で、出稼ぎや集団就職で上京した人たちが古里に帰る際に乗車する「出世列車」として親しまれた。
 今回のダイヤは下り列車が秋田駅を午前8時25分に出発し、八郎潟、森岳、東能代、二ツ井、鷹ノ巣、大館、青森県に入り碇ケ関、大鰐温泉、弘前、浪岡、新青森の各駅に停車し、午後0時13分に到着。上り列車は青森駅を午後4時3分に出発し、午後7時33分に秋田駅に着く。
 2日は、昭和50年に製造され、秋田総合車両センター(秋田市)を拠点に現役で使われているED75形電気機関車が岩木山とリンゴをイメージしたヘッドマークを付け、青い車体に白いラインが特徴の12系客車5両をけん引した。
 多くの鉄道ファンを乗せた「津軽」は、大久保駅(潟上市)で、かつて豪華寝台列車として名をはせ、臨時列車として上野駅─秋田駅間を青森駅経由で運行する「カシオペア紀行」と離合。鹿渡駅(三種町)では運転停車中に特急「つがる」が「津軽」を追い抜く〝新旧の共演〟もあった。能代山本の各駅や沿線では、カメラを構える〝撮り鉄〟の姿が多く見られ、力強く走る「津軽」を夢中になって写真に収めていた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク