全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

北前船を通じた絆これからも

酒田市の南洲神社を訪れた江差町の一行。中央は豊岡さん=25日午後1時ごろ

 北前船などの縁がある北海道江差町の民謡愛好者たちが25日、酒田市を訪れ、南洲神社(飯森山二丁目)や山居倉庫(山居町一丁目)などを巡り、歴史的な絆を確認した。

 訪れたのは民謡「江差追分」やその元歌といわれる「江差三下り」の愛好者でつくる「江差三下り会」(会長・照井誉之介江差町長)の13人。江差追分は信州の馬子唄が北前船を通じて伝わったとされ、昭和初期に本県で創作された「最上川舟唄」の元歌の一つ「酒田追分」もルーツが同じといわれている。

 そうした縁から江差三下り会は、同町出身で酒田市観光ガイド協会メンバーの豊岡紘子さん(同市緑町)の紹介で2013年から、大江町で開かれている「正調最上川舟唄全国大会」に参加。昨年8月には、酒田市を拠点に西郷隆盛(南洲)の教えの普及を図っている荘内南洲会が戊辰戦争をテーマにした研修で、同10月には大江町の正調最上川舟歌保存会もそれぞれ江差町を訪れるなど、北前船や戊辰戦争をキーワードにした交流が深まっている。

 今回は、お互いの歴史や文化を知り、さらに交流を深めようと、24日に大江町の観光と最上川舟唄保存会との交流、25日に酒田市の観光に訪れた。大江町がバスを提供し、同町関係者3人と豊岡さんも随行した。

 南洲会館では、荘内南洲会の水野貞吉理事長が昨夏に江差町を訪れた際、照井町長のあいさつなど歓待を受けたことに感謝。さらに「庄内藩が戊辰戦争で降伏した際、南洲が寛大な処分を指示した。それを知った藩主らが薩摩に行って南洲に学び、その教えを南洲翁遺訓にまとめ、全国に配った」など、庄内で南洲を慕っている理由を解説した。

 江差三下り会メンバーの小田島訓さんは「なぜここで西郷さんなのか、よく分かった。これからも人の交流が広がり、経済的な交流などに発展すればうれしい」、豊岡さんは「大江町が酒田観光のためバスを回してくれたことにも感謝。同町や江差町など、北前船を通じた絆がこれからも深まればうれしい」と話した。

 一行はその後、山居倉庫や本間家旧本邸、山王くらぶ、海向寺、日和山公園を見学し、同市に1泊。翌26日にJRで帰途に就いた。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク