全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

車いすラグビー通じ障害者理解深める

タックルを決めてグータッチする選手と児童(東岐波小で)

 山口県宇部市東岐波小(坂本哲彦校長、645人)で23日、人権教育講演会があった。ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)チーム・福岡ダンデライオンのメンバー、工棟徹選手(41)=防府市=と、チームメート5人が来校。児童の代表が競技用車いすに乗ってタックルの衝撃を体験したり、デモ試合を観戦したりして、障害の有無にかかわらず、みんなでスポーツする楽しさに触れた。

 ウィルチェアーラグビーは障害者スポーツの一つで、1チーム4人で競技。パイロンで区切られた敵陣のゴールラインまで、ボールをパスやドリブル、膝の上に置くなどして運び得点する。昨年のリオパラリンピックでは、日本が同競技で銅メダルを獲得し、認知度が上がった。工棟選手は、防府市消防本部で4年間、消防士を務めたが、体を鍛えるために挑戦したトライアスロンで首の骨を折る事故に遭い、握力と歩行機能の障害を負った。その後リハビリを経て事務職として消防本部に復帰。趣味を探していた時、ウィルチェアーラグビーと出合い「再びスポーツする楽しさを実感できている。練習では障害者と健常者が同じ競技用車いすでプレーし、同じ条件で勝負できるところがいい」と語った。 

 続いて、各学年の代表者がタックルを体験。競技用車いすに乗って、選手の車いすに向かって行き、激しく衝突した。体が投げ出されそうな衝撃と金属がぶつかり合うものすごい音に、体験した子どもたちは驚いていた。選手によるデモ試合も行われ、迫力満点のプレーにくぎ付けになっていた。工棟さんは「障害者でもいろんなことができる。みんなも多くのことに挑戦してほしい」とメッセージを送った。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク