全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

車いすラグビー通じ障害者理解深める

タックルを決めてグータッチする選手と児童(東岐波小で)

 山口県宇部市東岐波小(坂本哲彦校長、645人)で23日、人権教育講演会があった。ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)チーム・福岡ダンデライオンのメンバー、工棟徹選手(41)=防府市=と、チームメート5人が来校。児童の代表が競技用車いすに乗ってタックルの衝撃を体験したり、デモ試合を観戦したりして、障害の有無にかかわらず、みんなでスポーツする楽しさに触れた。

 ウィルチェアーラグビーは障害者スポーツの一つで、1チーム4人で競技。パイロンで区切られた敵陣のゴールラインまで、ボールをパスやドリブル、膝の上に置くなどして運び得点する。昨年のリオパラリンピックでは、日本が同競技で銅メダルを獲得し、認知度が上がった。工棟選手は、防府市消防本部で4年間、消防士を務めたが、体を鍛えるために挑戦したトライアスロンで首の骨を折る事故に遭い、握力と歩行機能の障害を負った。その後リハビリを経て事務職として消防本部に復帰。趣味を探していた時、ウィルチェアーラグビーと出合い「再びスポーツする楽しさを実感できている。練習では障害者と健常者が同じ競技用車いすでプレーし、同じ条件で勝負できるところがいい」と語った。 

 続いて、各学年の代表者がタックルを体験。競技用車いすに乗って、選手の車いすに向かって行き、激しく衝突した。体が投げ出されそうな衝撃と金属がぶつかり合うものすごい音に、体験した子どもたちは驚いていた。選手によるデモ試合も行われ、迫力満点のプレーにくぎ付けになっていた。工棟さんは「障害者でもいろんなことができる。みんなも多くのことに挑戦してほしい」とメッセージを送った。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク