全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

平原さんと縄文の歌合唱 JOMONフェス閉幕

平原綾香さんとともに縄文の歌を歌い上げる市民合唱団

 茅野市内で44日間にわたって繰り広げられた、「縄文」を学び楽しむイベント「第0回八ケ岳JOMONライフフェスティバル」が22日、閉幕した。ファイナルイベントとして平原綾香さんのコンサートが行われ、第二部では平原さんと市民合唱団が縄文の歌を合唱。さまざまなイベントで盛り上がったフェスティバルに幕を下ろした。次回は東京五輪が開催される3年後の2020年に開く。

 ファイナルを飾った平原さんのコンサートは2部構成で行われ、第2部で北部中学校合唱部員と一般市民らでつくる市民合唱団77人が出演。平原さんとともにステージに立ち、市民公募の歌詞で2014年に完成した「まあるい星のまあるいムラ」「つないで」の2曲を歌い上げ、フィナーレを飾った。

 実行委員長の柳平千代一市長は「今は暮らしにくい世の中。たくましくなければ生きていけないが、優しくなければ生きる資格はない。たくましさと優しさの原点は縄文にある」とあいさつ。会場が一体となり、次回開催される第1回同フェスへの熱い思いを共有した。

 フェスティバル期間中は、縄文人の心や土偶の魅力に迫る講演会、市内小中学校で取り組む「縄文科」の学習展示、宮坂英弌記念尖石縄文文化賞授賞式、縄文かるた大会、夜の火祭り、尖石縄文まつりなどが行われた。さらに障がい者が作った縄文関連製品や記念切手シートも販売された。

 フェスティバルの一環として、市民館や市美術館を中心とした「縄文アートプロジェクト」も開催。街中がアートであふれ、市民館には子どもたちの縄文学習の成果が展示された。縄文をテーマにした器の公募展も行い、作品を使って現代風の縄文食も提供。建築家藤森照信さん設計の竪穴式茶室「低過庵」の制作ワークショップも行われた。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク