全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集めた。

気温が上昇する中、活動に精を出す酒田東の生徒たち

 2年生は昨年、課題研究の一環でNPO法人パートナーシップオフィス(同市、西村修理事長)の大谷明さんを講師に招き、マイクロプラスチックを含む「海ごみ」について学んだ。この学びと連動させ、生まれ育った庄内の海岸をきれいにするとともに、庄内浜の現状を目の当たりにすることで自らが取り組めることなどを考察してもらおうと同校が企画。同法人とともに県庄内総合支庁、東北公益文科大学が事務局を務める「美しいやまがたの海プラットフォーム」、市などが協力した。

 この日は全2年生と共に、大山校長はじめ教職員も参加。マスクがうっとうしく感じる暑さの中、生徒たちはトングや可燃・不燃のごみ袋2種を手に約1時間にわたって、広く海岸一帯に散乱しているペットボトルやビニール類など人工物を丁寧に拾い集めた。

 政木郁也さん(17)と武藤勇翔さん(16)は「意外と多いという印象で、全体的にプラスチックごみが目立つ。ガラス片など危険物もあり、海水浴シーズンを前に活動ができ良かった」と話した。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク