全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ボタンボウフウ大きくなあれ! 喜界町の児童植え付け

ボタンボウフウの植え付けを体験した早町小の4年生=10日、鹿児島県喜界町阿伝

 鹿児島県の喜界町阿伝にある喜界島薬草農園(石原健夫代表取締役)で10日、地元では「サクナー」と呼ばれる薬草のボタンボウフウ植え付け体験があった。早町小学校(長田正浩校長)の4年生8人が土と触れ合いながら植え付け作業を行い、喜界島の身近な食材について学んだ。

 ボタンボウフウは、セリ科の植物で、沖縄県では長命草とも呼ばれる。海岸の砂地や岩場に自生しており、天ぷらの食材として人気がある。同農園では機能性に着目し、研究、栽培、製品開発をしていながら、食育活動を行なっている。

 児童らは、同農園の濵田隼さん(37)からボタンボウフウについて説明を受け、植え方のこつを教わった。「根っこがラーメンみたい」「土の硬さはモッツァレラチーズくらい」などと言いながら、約50平方メートルの畑に1時間ほどで100以上の苗を植えた。

 植え付けを体験した児童(10)は「植えられる苗になるまで4カ月ほど、収穫までさらに8カ月ほどかかることに驚いた。大きく育ってほしい」と感想を話した。

 2月には、成長したボタンボウフウを収穫する予定。

関連記事

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク