全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クロウサギ、伊仙町で7年ぶり確認  徳之島南部、定着・生息域拡大か

鹿児島県徳之島・伊仙町の犬田布岳山頂付近で撮影されたアマミノクロウサギ=2月1日午前5時49分(環境省提供)

 環境省徳之島管理官事務所は11日、伊仙町(鹿児島県徳之島)の犬田布岳で国の特別天然記念物・アマミノクロウサギを確認したと発表した。同町での確認は2015年以来7年ぶり。町内に定着している可能性もあり、関係者からは保護の機運の高まりを期待する喜びの声が上がった。一方、別の地点ではネコの姿も撮影されていることから、同事務所は「希少野生動物をネコの捕食から守るためにも飼い猫の適正飼養を徹底してほしい」と呼び掛けている。

 アマミノクロウサギは奄美大島と徳之島だけに生息し、環境省のレッドリストでは近い将来に野生での絶滅の危険性が高いとされるⅠB類に分類されている。03年時の推定では奄美大島に2000~4800匹、徳之島で約200匹生息しているとされており、イヌやネコによる捕食や、交通事故死などによる個体数の減少も懸念されている。

 前回同様、環境省が12年度から行っている自動撮影カメラによる調査で撮影に成功した。1月4日から3月3日まで犬田布岳に計10台のカメラを設置したところ、犬田布岳山頂付近と約700メートル離れた南側斜面の2地点で撮影した計15枚の写真でアマミノクロウサギが確認できたという。

 徳之島のアマミノクロウサギは北部の天城岳と中央部の井之川岳の周辺を中心に生息しており、伊仙町での確認は04年に調査を始めてから2度目。15年に確認されたアマミノクロウサギは、町境の犬田布岳山頂で確認された1匹のみで、その後の調査では確認されず、付近で定着している確証は得られなかった。

 今回撮影されたアマミノクロウサギは性別不明だが成獣とみられる。写真では同一個体なのかは判別できなかったが、福井俊介管理官は「撮影日の1日後にもう1カ所でも撮影されている。あまり行動範囲は広くないとされているので1日で700メートルも移動したとは考えにくい。複数の個体が伊仙町内で生息している可能性もある」と見解を述べた。

 同事務所は今後も自動撮影による調査を継続していくという。福井管理官は「犬田布岳周辺も他の生息地と同様に沢や餌があり生息には適している。複数の個体や、子育てする個体が確認できれば定着しているという確証につながる」と話し、「島内全3町で生息が確認できたら、改めて島一丸で自然を守っていこうという機運が高まるのではないか」と期待を込めた。

 島内で環境保全活動に取り組み、環境省の調査に協力しているNPO法人「徳之島虹の会」の美延睦美事務局長は「これまでもデータの回収や確認に協力してきたがずっと空振り状態だったこともあり、今回アマミノクロウサギの写真を確認した瞬間は皆で万歳した。もし生息数が増加して生息域が広がっているとしたら関係者のこれまでの取り組みが実を結んできているということ」と笑顔を見せた。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク