全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

キャンプで地域活性化を すさみ町で地元若者が運営

キャンプ場の本格オープンに向けて準備を進める芝尚裕さん(右)と岸竜平さん=和歌山県すさみ町周参見で

 和歌山県すさみ町周参見の町総合運動公園内で16日から、地元の若者たちが本格的にキャンプ場の運営を始める。4月から公園の指定管理者となり、キャンプ場を運営する株式会社ノットの社長、芝尚裕さん(35)は「キャンプ場で地域を活性化できれば」と意気込んでいる。

 標高約120メートルの高台にあるキャンプ場からは、昼間は太平洋が一望でき、夜はきれいな星空が見える。2020年から町観光協会と芝さんら有志が、試験的にキャンプ場「CAMP Knot(キャンプノット)」として運営してきた。試験運営で手応えがあったことから、今年1月に会社を立ち上げ、本格運営に乗り出した。
 ノットは、町商工会青年部前部長の芝さんが社長で、現部長の岸竜平さん(33)が取締役。2人は、生まれも育ちもすさみ町。芝さんはガス会社、岸さんは酒店の後継ぎとして活躍している。
 町内の人口が減少し、商売が厳しくなる中、愛郷心の強い2人は「新たな展開を考え、人口を増やしたり、外からの人を呼び込んだりしなければならない」と考え、キャンプ場の運営を始めたという。
 芝さんは「あまり知られていない、すさみ町の良さを広くアピールしたい。将来的には、地元の雇用を増やすことにも貢献できれば」と述べ、岸さんは「私たちは地元の事業者との広いつながりがあり、名所など町の魅力も知っているのが強み。ガイド役もできれば」と話した。
 キャンプ場は約60区画で、利用状況を見てさらに増やす可能性もあるという。まきやキャンプ用品などを場内で販売しているほか、テントなどのレンタルもしている。  関西圏を中心にすでにリピーターがおり、5月の大型連休はほぼ予約で埋まっているという。
 予約は、ホームページ(https://campknot.com)で受け付けている。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク