全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ワカサギ釣りにぎわいを 諏訪湖畔で安全祈願式

ワカサギ釣りのにぎわいと釣り人らの安全を願う関係者=諏訪市渋崎の諏訪湖畔

 諏訪湖のワカサギ釣りの安全祈願式が10日、諏訪市渋崎の諏訪湖畔であった。主催する諏訪観光協会と諏訪湖釣舟組合や、漁協、同市などから約25人が参列。昨年7月のワカサギの大量死を受けて改めてシーズン中のにぎわいを祈り、安全を願った。

 諏訪湖釣舟センターで神事を行い、祭壇にワカサギをささげて手長、八剱両神社の宮坂清宮司が、ワカサギの群れが絶えることのないよう願う―とする内容の祝詞を奏上。関係者が玉串を供えた。

 諏訪観光協会の佐久秀幸会長は、ワカサギの大量死に触れ、「関係者の尽力で今年は豊漁となり、ひと安心だ」とした上で、観光客を全国から誘致。リピーターになってもらえる、おもてなしをしていきたいと語った。

 来賓の金子ゆかり諏訪市長は「(大量死のあと)状況は良く、復活の兆しがあると聞く」とし「ワカサギは諏訪湖の代名詞といえる資源。未来に向けワカサギに関わる産業が発展することを願う」と寄せた。

 ワカサギ釣りは既にスタート。体長5センチ強から11センチほどが良く釣れているといい、総じて大型で、ふくよかという。釣舟組合の中澤滋組合長は「ここ10年ほどはワカサギ釣りブーム。(大量死で)他の湖に移ってしまった人たちに戻って来てもらえれば」とし、諏訪湖にワカサギがいない―という風評を払拭し、例年並みの釣り人を呼び込みたいとしていた。

関連記事

長野日報社

信州ゆかりの刀剣並ぶ 長野県伊那市高遠町歴史博物館

 伊那市高遠町歴史博物館で、中世の古刀を集めた「信州ゆかりの刀剣展」が開かれている。高遠城などを舞台に、武田信玄の父、信虎の最晩年を描く映画「信虎」の公開を記念して企画。鎌倉から江戸時代初期ま...

長野日報社

蓼科湖畔でワーケーション 長野県茅野市などがモニターツアー

 長野県茅野市とちの観光まちづくり推進機構は27~29日、観光地で働きながら休暇を取るワーケーションのモニターツアー「茅野ウエルネスワーケーション」を同市の蓼科湖畔でキャンプ場などを運営するタイニ...

長野日報社

長野県諏訪地方の魅力ライブ配信 上社編、下社編見どころ紹介

 長野県諏訪地方観光連盟は20日、来春の諏訪大社御柱祭に向け、ウェブ会議システムを使って自宅などで諏訪地方の魅力に触れてもらう「諏訪の国オンラインツアー」を始めた。八ケ岳麓周辺を巡る上社編と諏訪...

長野日報社

自転車で巡る高遠 長野県伊那市でガイド付きモニターツアー

 自転車を活用したガイド付きモニターツアーが10日、長野県伊那市高遠町で開かれた。市地域おこし協力隊の石井基裕さん(30)がガイド役となり、見頃を迎えた紅葉や高遠藩ゆかりの職人集団「高遠石工」の石...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク