全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

選抜決定後初の紅白戦 大島高野球部 ベンチ入りへアピール

センバツ出場決定後、初となる効紅白戦を行った大島高野球部=30日、奄美市名瀬

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月18日に開幕する第94回選抜高校野球大会への出場を決めた県立大島高校野球部は30日、出場決定後初となる紅白戦を奄美市の名瀬運動公園市民球場で実施した。保護者や報道陣らが見守る中、部員らは約1カ月ぶりとなる試合で実戦感覚を取り戻すとともに、選抜でのベンチ入りに向け自身の持ち味をアピール。大舞台・甲子園での勝利へ、モチベーションも高め合った。

 野球部は昨年12月から、選抜大会のベンチ入りメンバー選出を兼ねた紅白戦を週末ごとに行ってきた。今月5日から17日にかけ、島内での新型コロナウイルス感染拡大を受けて練習を自粛していたこともあり、この日の紅白戦は2日に行ったOB戦以来の実戦となった。

 紅白戦は主力組と控え組に分かれて九回制で行われた。時折、小雨が降るあいにくのコンディションとなったが、投手陣はエースの大野稼頭央選手(2年)を筆頭に、登板した4投手が好投。野手陣は序盤こそ守備のミスが目立ったがその後は修正し、六回以降は互いに無失点と引き締まった試合を展開した。

 塗木哲哉監督は「練習がなかなかできず、守備もバッティングもまだまだ十分ではない。細かいところはメンバーを絞ってから」と語った。

 昨秋は主に三塁手で先発出場した前山龍之助選手(2年)は「試合感覚が鈍るところもあって、ピッチャーが投げるボールが全然打てなかった。今後は真正面からくるボールを打つ練習をもっと増やしていきたい。とにかく今は自分のできることをやって、甲子園でいい結果が出せるように頑張る」と気合いを入れた。

 観客席で試合を見守っていた大島高野球部保護者会の西田哲会長(50)は「大会までの約2カ月間、一日一日を大切にして、甲子園で最高のパフォーマンスが出せるように調整してほしい」と話した。

関連記事

長野日報社

ベルビア空き床に「”知”の交流拠点」 ナレッジセンター構想示す 長野県茅野市

長野県のJR茅野駅西口エリアと西口ビル「ベルビア」1階北側の空き床の有効活用策をコンサルタント会社に委託して調査してきた茅野市は1日、多様な知識、アイデアを持つ企業、個人が交流し、新事業を創出...

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク