全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

受験率69%、初日下回る 大高会場、トラブルなし  共通テスト本試験終了

 大学入学共通テストは16日、理科と数学の試験があり、2日間の全日程を終えた。鹿児島県奄美群島唯一の会場となった奄美市名瀬の県立大島高校では、初日より45人少ない229人が受験。前回約95・5%の2日目受験率(1教科以上)は、約69・0%と大幅に低下した。大きなトラブルはない。新型コロナウイルス感染症や16日未明の津波警報発令の影響で受験できなかった場合は、追試験の対象となる可能性がある。

 大学入試センターによると、今回の受験志願者は53万367人(うち県内6248人)。群島内各高校は主に大高会場で、与論高校のみ沖縄県名護市の名桜大学会場で受験した。

 大高会場の志願者332人に対する受験率は、初日の最高約82・5%(外国語ほか)に対し、2日目は最高約69・0%(数学1)と低下。いずれも例年の90%台を大きく割り込んだ。コロナ感染拡大などが影響したとみられる。

 試験終了後、大高会場から帰る受験生たちは「落ち着いて集中できた」「あまり手応えはない」「(国立大の)2次試験で挽回したい」と悲喜こもごも。緊迫の2日間を乗り越え、安堵の表情も浮かべた。

 コロナ感染、濃厚接触や風邪症状のために本試験を受けられなかった場合は、追試を受けることができる。追試は29、30日、各都道府県であり、県内は鹿児島大学が会場となる。

 大学入試センターによると、16日未明の津波警報発令に関しても、避難指示が出された地域に住んでおり、受験できなかった場合は追試の対象になる。

 共通テストの成績は今回、国公私立大や短大など計864大学が合否判定に利用予定だが、文部科学省は各大学に対し、コロナ禍で受験できない志願者にも極力配慮するよう求めている。

 本試験の平均点は19日に中間、2月7日に最終発表を行い、受験者本人への成績開示は4月1日以降。     ◇     ◇ 受験生「睡眠足りない」 相次ぐ災難に不安の声 共通テスト2日目朝

 「睡眠時間は3時間ちょっと。全然足りない」。大学入学共通テスト2日目を迎えた16日朝、鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校へ向かう受験生は、疲労を隠せないまま正門をくぐった。

 年明けから奄美大島で新型コロナウイルス感染拡大が続く中、本番を迎えた15日に東京都内の試験会場近くで刺傷事件が発生。さらに南太平洋のトンガ諸島で起きた火山噴火に伴い、2日目の16日午前0時すぎに奄美群島全域に津波警報が発令されたことも、受験生の不安と負担を大きくした。

 津波警報発令当時、共通テスト真っただ中の受験生たちは「『津波が来るよ』と起こされ、2時間ほど近所の高台に避難した」「災害情報を気にしながら自宅で試験勉強を続けた」など、それぞれ対処。大高は一部施設を避難所として開設し、地域住民を受け入れた。

 16日朝、大高会場は感染予防を徹底した厳戒態勢。さらに東京での刺傷事件を受け、正門付近では警備員が受験票の提示を求め、奄美署員が警ら巡回した。午前7時半を過ぎると、関係者を送る自家用車やタクシー、ホテルのバスが行き交い、徒歩の受験生も続々到着した。

 友人と会場入りした大高の女子生徒は「まさか共通テスト実施期間中にこんな事態(津波警報発令)になるとは」と疲れ気味。大島北高の女子生徒は「正直、寝不足で絶好調ではないし、いろいろ不安はあるけど精一杯頑張りたい」と笑顔も見せ、会場へ向かった。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク