全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田市役所エントランス 石黒さん(酒田出身彫刻家)の「月光」設置

酒田市役所での除幕式後、自作のブロンズ像「月光」の脇に立つ石黒さん

 酒田市役所1階エントランスホールに、同市出身の彫刻家・石黒光二さん(65)=埼玉県所沢市=制作のブロンズ像が設置され2日、現地で除幕式が行われた。

 石黒さんは1952年、旧平田町山谷生まれ。県立酒田北高(現・酒田光陵高)を卒業後、多摩美術大彫刻科に進学。酒田市千代田出身の彫刻家・高橋剛さん(1921―91年)に師事した。76年に日展に初出品で初入選。78年以降は連続入選し、96年に会員となった。昨年の改組新第3回日展では、作品「月光」で第3科(彫刻)の最高賞・内閣総理大臣賞を受賞している。

 今回は、市が依頼し、「月光」を制作してもらった。高さ2・22メートル(木製台座を含めると約2・5メートル)で、月を象徴する金色の「月輪」を光背のように背負い、腕を挙げて立つ柔和な表情の女性をかたどった。日展出展時はFRP(繊維強化プラスチック)製だったが、今回は同じ型を使い、初めてブロンズで制作した。制作費(運送費などを含む)は約520万円。

 この日の除幕式で石黒さんは「月の光が持つ神秘性や安らぎを、女性像の中に表現したもので、観音像も意識した。当たる光の加減や見る人の気持ちでいろんな表情になると思う。市民に愛され、親しまれることを願う」とあいさつ。石黒光二後援会の中瀬義秋会長、丸山至市長、後藤仁市議会議長の3人と共に像を覆っていた白布を除いた。

 丸山市長は「日展の最高賞の作品を市庁舎に設置でき、これほど名誉なことはない。これから発展する酒田のシンボルとして市民に愛されると思う」と感謝を述べた。

関連記事

荘内日報社

公益大 黒川能の舞 細部までデジタルデータ化

 鶴岡市の民俗芸能・黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の舞の所作をデジタルデータ化して記録保存する東北公益文科大と黒川能保存会の試みが本年度から本格化し17日、同市の黒川能伝習館で行われたデータ収集...

紀伊民報社

「亥」の大絵馬完成 新宮熊野速玉大社

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の上野顯宮司(65)が19日、来年のえとである「亥(い)」の大絵馬を仕上げた。純白の元気なイノシシが、うり坊を見守っている絵。12月1日に拝殿に掲げる。 ...

夜の森で希少種と対面 親子でナイトツアー体験 鹿児島県徳之島

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、鹿児島県徳之島天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保...

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク