全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田市役所エントランス 石黒さん(酒田出身彫刻家)の「月光」設置

酒田市役所での除幕式後、自作のブロンズ像「月光」の脇に立つ石黒さん

 酒田市役所1階エントランスホールに、同市出身の彫刻家・石黒光二さん(65)=埼玉県所沢市=制作のブロンズ像が設置され2日、現地で除幕式が行われた。

 石黒さんは1952年、旧平田町山谷生まれ。県立酒田北高(現・酒田光陵高)を卒業後、多摩美術大彫刻科に進学。酒田市千代田出身の彫刻家・高橋剛さん(1921―91年)に師事した。76年に日展に初出品で初入選。78年以降は連続入選し、96年に会員となった。昨年の改組新第3回日展では、作品「月光」で第3科(彫刻)の最高賞・内閣総理大臣賞を受賞している。

 今回は、市が依頼し、「月光」を制作してもらった。高さ2・22メートル(木製台座を含めると約2・5メートル)で、月を象徴する金色の「月輪」を光背のように背負い、腕を挙げて立つ柔和な表情の女性をかたどった。日展出展時はFRP(繊維強化プラスチック)製だったが、今回は同じ型を使い、初めてブロンズで制作した。制作費(運送費などを含む)は約520万円。

 この日の除幕式で石黒さんは「月の光が持つ神秘性や安らぎを、女性像の中に表現したもので、観音像も意識した。当たる光の加減や見る人の気持ちでいろんな表情になると思う。市民に愛され、親しまれることを願う」とあいさつ。石黒光二後援会の中瀬義秋会長、丸山至市長、後藤仁市議会議長の3人と共に像を覆っていた白布を除いた。

 丸山市長は「日展の最高賞の作品を市庁舎に設置でき、これほど名誉なことはない。これから発展する酒田のシンボルとして市民に愛されると思う」と感謝を述べた。

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク