全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田市役所エントランス 石黒さん(酒田出身彫刻家)の「月光」設置

酒田市役所での除幕式後、自作のブロンズ像「月光」の脇に立つ石黒さん

 酒田市役所1階エントランスホールに、同市出身の彫刻家・石黒光二さん(65)=埼玉県所沢市=制作のブロンズ像が設置され2日、現地で除幕式が行われた。

 石黒さんは1952年、旧平田町山谷生まれ。県立酒田北高(現・酒田光陵高)を卒業後、多摩美術大彫刻科に進学。酒田市千代田出身の彫刻家・高橋剛さん(1921―91年)に師事した。76年に日展に初出品で初入選。78年以降は連続入選し、96年に会員となった。昨年の改組新第3回日展では、作品「月光」で第3科(彫刻)の最高賞・内閣総理大臣賞を受賞している。

 今回は、市が依頼し、「月光」を制作してもらった。高さ2・22メートル(木製台座を含めると約2・5メートル)で、月を象徴する金色の「月輪」を光背のように背負い、腕を挙げて立つ柔和な表情の女性をかたどった。日展出展時はFRP(繊維強化プラスチック)製だったが、今回は同じ型を使い、初めてブロンズで制作した。制作費(運送費などを含む)は約520万円。

 この日の除幕式で石黒さんは「月の光が持つ神秘性や安らぎを、女性像の中に表現したもので、観音像も意識した。当たる光の加減や見る人の気持ちでいろんな表情になると思う。市民に愛され、親しまれることを願う」とあいさつ。石黒光二後援会の中瀬義秋会長、丸山至市長、後藤仁市議会議長の3人と共に像を覆っていた白布を除いた。

 丸山市長は「日展の最高賞の作品を市庁舎に設置でき、これほど名誉なことはない。これから発展する酒田のシンボルとして市民に愛されると思う」と感謝を述べた。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク