全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

厳かに種子取祭 登野城字会、稲の豊作祈願

稲の豊作を祈願する神司と登野城字会の役員ら=10日午後、小波本御嶽

 登野城字会(新城浩健会長)の種子取祭が10日午後、小波本御嶽と米為御嶽で厳かに執り行われ、字会役員や稲作農家25人がことし1年の五穀豊穣と字民の無病息災を祈願した。

 種子取祭は旧暦11・12月の稲の種まき時期に行う祭祀儀礼。午後2時前にムトゥオン(本御嶽)と呼ばれる小波本御嶽、米為御嶽でニンガイが行われた。

 神司の石垣直子さんが「インヌキーヌナーシ、マヤヌキーヌナーシ、マラショーリ(犬の毛、猫の毛のように育て)」と願い口を唱え稲の豊作を祈願。その後、参加者らが神酒を口にし、稲が種子アヨーやユングトゥ、弥勒節、やらよう節などを奉納した。

 新城会長は「雨も心配されたが、無事に終えることができて安心している。われわれの願いが神様にもしっかり伝わったとウクズにも出ていた。良い苗ができ、夏には豊作になることを期待している」とあいさつした。

 登野城の伝承では兄タルファイと妹マルファイが安南(現在のベトナム)から初めて稲種子を持ち帰り、島民に稲作を指導、のちに村人が兄妹を崇拝したとされる。小波本御嶽は2人の住居跡、米為御嶽は妹マルファイの墓といわれている。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク