全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県の諏訪湖 2度目の「全面結氷」

氷の厚さが増し、岸から十数メートルほど沖に出て氷を割る総代=9日午前6時42分

 長野県の諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)の観察で9日朝、宮坂清宮司(71)は2度目の「全面結氷」を確認した。7日昼から8日にかけて一部が解氷していたが、9日朝に再び結氷し、氷の厚さも増した。

 諏訪市豊田の舟渡川河口近くの観察場所で氷斧を使って穴を開けたところ、氷の厚さは約3センチ。8日夜から9日朝に掛けて新たに凍ったとみられる「一夜氷」は約2センチだった。一夜氷は気泡などがなく透き通っており、観察に集まった総代や見学者たちは「きれいだねえ」と興味深く見つめていた。

 氷の厚さの確認では岸から十数メートルほど沖に出て氷を割り、厚さを調べていた。氷の下の水温は前日よりも0.4度高い0.9度だったが、諏訪湖の氷は順調に”成長”している。宮坂宮司によると、御 神渡り出現に向けて結氷と一部解氷を繰り返しながら氷が厚みを増していくという。

 大久保一大総代(71)=同市杉菜池=は「来週は一時、寒さが緩んだ後、再び冷え込む予想。御神渡り出現に向け、地域の機運の高まりを感じている。そこに向けて準備していきたい」と話していた。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク