全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

若手経営者らが「うべかるた」製作

完成した「うべかるた」

 宇部市内の若手経営者団体などで組織する長州四団体連絡協議会が、地元の名所・名物を紹介する「うべかるた」を製作した。市を通じて小学校や幼・保育園に配られる。     市制施行100周年を記念し、子どもたちに地元の歴史に親しんでもらおうと、約1年かけて作った。同協議会内の実行委員が中心となって赤間硯(すずり)、宇部ラーメン、白土海岸など、なじみのある場所や名物を撮影した絵札と、魅力を説明した読み札を50音分考えた。     中國佑基さん(くすのき商工会青年部副部長)は「遊びながら、宇部の良いところをもっと知って、好きになってもらいたい」と話す。     受領式は18日、市役所で行われ、4団体から代表で5人が出席。篠崎圭二市長に94セットを渡した。篠﨑市長は「かるたを通して、古里を愛する心を育てていきたい」などと謝辞を述べた。     今月中に市内の24小学校、16幼稚園、28保育園、5保育施設へ配布。また今年中に、市ホームページから、札をダウンロードできるようにする。     同協議会は、宇部青年会議所(藤井茉莉理事長)、若き経営者の会(原洋司会長)、宇部商工会議所青年部(井上剛治会長)、くすのき商工会青年部(佐貫健太郎部長)で構成。団体間の交流を深めながら地域貢献活動を行っている。市への寄付は初めて。  

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク