全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代公園で「おもしろアート祭り」開幕

爽やかな秋晴れの下、さまざまなアートがお目見えする「能代公園おもしろアート祭り」が開幕(能代公園で)

 アートや音楽を通じて能代市の能代公園に活気を呼び込もうと、市民有志らによる「能代公園おもしろアート祭り」が14日、同公園で開幕した。園内には木彫りや石ころアート、市民参加型のコミュニティーアートなどさまざまな作品が展示され、訪れた市民らが1点ずつじっくりと眺め、〝芸術の秋〟を楽しんでいた。

 実行委員会の主催で、同公園や中心市街地の活性化につなげようと企画。5年前に始まった「能代公園おもしろ祭り」と昨年行った「能代公園立体造形展」の内容を盛り込み、会期中は「俳星碑」周辺でアート作品の展示や市民参加型のコミュニティーアート制作体験を実施するほか、園内の松風庵では、絵画やセラミックアートを展示。
 また、16日には時計台近くに特設ステージを設け、市内のバンドや舞踊団体、ちんどん屋など11団体が演目を披露するほか、景林神社では社殿を開放し、文化財を展示。最終日の17日は、俳星碑近くで人形劇や紙芝居、楽器演奏も行う予定で、年代を問わず多くの人が楽しめる企画が目白押しとなっている。
 爽やかな秋晴れとなった14日は、午前中から多くの市民が訪れ、さまざまな作品を鑑賞しながら園内を散策。このうち石ころアート作家の宮田紘孝さん(81)=三種町鵜川=とワークショップに参加した市民らが手掛けた作品のブースには、石の形を生かして制作された野菜や料理、キャラクターなどがずらり。訪れた人が写真を撮ったり、宮田さんに石ころアートの魅力や作るこつを尋ねたりと関心を深めた。
 自分で染めた布切れを木々の間に張り巡らせたひもにつるしたり、秋田杉の端材を色付けして古くなった格子戸に接着するコミュニティーアートのブースも好評を博し、和気あいあいとアートを楽しんでいた。
 会期は17日まで。16日のステージ発表は午前10時~午後4時50分、景林神社の社殿開放は午前10時~午後3時を予定している。問い合わせは事務局の川添能夫さん(☎080・4131・3634)へ。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク