全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

じゃらん北海道も宿泊満足度ランキングでホテル杉田が1位、「心から歓迎」の姿勢が高評価

苫小牧市表町の「くつろぎの湯苫小牧ホテル杉田」(佐藤聰代表)は、リクルート北海道じゃらん(札幌市)の宿泊満足度ランキング2021ホテル編で1位を獲得した。同社が発行する雑誌「北海道じゃらん」10月号に掲載された。同ホテルにとっては初めての快挙で、佐藤代表は「1位になれるとは夢にも思わなかった」と喜んでいる。

北海道じゃらんの宿泊満足度ランキング1位を獲得したホテル杉田の佐藤代表

 北海道じゃらんによると、同ランキングは、リクルート(東京)が運営するインターネット予約サイトに寄せられたユーザーの口コミ評価を数値化。「総合評価」「部屋」「風呂」など7項目を100点満点に換算し、順位を付けた。

 ホテル杉田の宿泊満足度は96・0点。特に「総合評価」「清潔感」の点数が高く、2位「ワイナリーホテル&コンドミニアム一花」(富良野市)の95・1点、3位「ホテルWBFフォーステイ札幌」94・8点を引き離した。佐藤代表は「コロナ禍で宿泊客が減少しても、『お客さまを心から歓迎する』という気持ちを全スタッフが持ち続けたことが、満足につながったのかと思う」と話す。

 経営規模ではチェーン店に対抗できないが、スタッフ25人できめ細かいサービスを心掛けた。子ども用スリッパや「お子様ランチ」の提供、キッズルームの開設などファミリー層に喜ばれるサービスを積極的に導入。利用客からは「アットホームな雰囲気で小さな子どもがいても安心」「館内全体に清潔感がある」などの声が寄せられている。

 ホテル杉田はこれまで、18年にランクインした92・1点の7位が最高だった。佐藤代表は「永遠に無理だと思っていた」1位を喜びながらも、今後は「1位を目指すより、顧客満足度の90点以上を維持したい」と意気込んでいる。

 今回の対象宿泊施設は、口コミ件数15件以上かつ総合評価85点以上のホテル131軒、温泉宿82軒、その他14軒。集計期間は20年6月1日~21年5月31日。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク