全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

喜界島で「シバサシー」 悪霊払い、先祖に感謝

シバを差し、墓前にあいさつをする家族連れ=20日、鹿児島県喜界町志戸桶

 鹿児島県喜界島北部の集落で20日、伝統行事「シバサシー(柴さし)」があった。悪霊を払うシバ(ススキ)を家や墓に差し、墓前にごちそうを備えて先祖に感謝するとともに家族の健康を祈った。

 喜界町誌によると、シバサシーは旧暦8月最初の丁(ひのと)の日「節折目(シチウンミ)」から5日目の辛(かのと)に行う。悪霊払いの意味があるとされ、この日はシバを家の門の両側と、家屋の四隅に差す。

 喜界町志戸桶集落の墓地にはこの日、夕方からお供えをする料理などを持った住民や出身者らが次々と訪れ、線香を手に親族の墓にあいさつして回った。例年は墓前で料理や酒を囲んで親族が交流を深めるが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため宴会をする人はほとんどなく、混雑する時間帯を避けて墓参する人の姿も見られた。

 同集落の倉橋佳子さん(43)は「島外から嫁いできた当初は、墓の前で宴会をすることに驚いた。ご先祖さまを身近に感じるすてき風習だと思う。一日も早くコロナが収束することを願っている」と話していた。

 奄美大島では、旧暦8月の最初の壬をシバサシといい、家の四隅にススキを差して魔よけなどを行う風習がある。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク